分子標的療法:標的

分子標的療法:EGFRを標的とする

EGFRは、ErbB1としても知られ、膜貫通型チロシンキナーゼ成長因子受容体の4メンバーのEGFRファミリーに属する170 kDaのタンパク質である。多くのリガンドによる結合は一本鎖受容体において立体配座の変化を誘導し、他のEGFR分子またはErbBファミリーの他のメンバーとの二量体化またはオリゴマー化を可能にする。多量体の形成は、その中の1つの分子の細胞内部分上のチロシン残基の非対称的自己リン酸化をもたらし、これは、受容体がドッキングタンパク質およびシグナル伝達分子を動員することを可能にする。結果として生じるカスケードは、Ras/分裂促進因子活性化タンパク質(MAP)キナーゼ経路、PI3キナーゼ/ Akt経路、Srcファミリーキナーゼ、シグナル伝達兼転写活性化因子(STAT)タンパク質などを含み、分裂促進性、抗アポトーシス性、血管新生性、および浸潤性の細胞メカニズムの上方制御を引き起こす。EGFRは多くの癌で発現または過剰発現しているため、乳癌、結腸直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、卵巣癌および膵臓癌などの癌に対する標的療法の有用な標的である。

分子標的療法:VEGFを標的とする

血管内皮増殖因子(VEGF)は、胚形成、骨格成長および生殖機能の間の生理学的血管形成の重要な調節因子である。VEGFはまた、腫瘍、眼内血管新生障害および他の条件に関連する病的血管形成にも関与している。VEGFの生物学的効果は、シグナル伝達特性においてかなり異なる2つの受容体チロシンキナーゼ(RTK)、VEGFR-1およびVEGFR-2によって媒介される。非シグナル伝達コレセプターはまた、VEGF RTKシグナル伝達を調節する。 現在、いくつかのVEGF阻害剤がいくつかの悪性腫瘍において臨床試験を受けている。VEGF阻害剤はまた、加齢黄斑変性における血管新生、血管漏出および視力喪失を予防するための戦略として試験されている。