高速マウスモノクローナル抗体生産サービス

高速マウスモノクローナル抗体作製サービス概要

高い特異性および安定性という利点のために、マウスモノクローナル抗体(マウスmAb)は基礎研究ならびに医学的診断において広く使用されてきた。しかしながら、マウスモノクローナル抗体作製は、合格的な抗体を得るには長い時間(約15〜20週間)を必要とし、そして動物免疫化は最も時間がかかり、通常は8〜12週間である。マウスモノクローナル抗体に対するお客様の緊急のニーズを満たすために、Sino Biological Inc.は免疫期間を4-5週間に短縮し、高品質の抗体をより迅速かつ効率的に提供できる「高速マウスモノクローナル抗体作製サービス」を開始した。

その他の抗体作製開発サービス見積もりをもらう

高速マウスモノクローナル抗体作製サービスの内容

サービスの手順 具体的な内容 周期 納品物 引き渡しの標準 価格

抗原作製見積もり
抗原作製サービスをご参照ください   •陽性ハイブリドーマ
•精製抗体
•クローンあたり2チューブの凍結細胞
•CoA
精製抗体はELISAアッセイで免疫原に結合する。 フォームに記入してから、
cro-service@sinobiological.comまでお送りください。

免疫および血清力価試験
•免疫前採血
•5匹のBalb / cマウスの免疫
•血清力価試験
•最終採血
5 週間

融合とスクリーニング
•融合とスクリーニング
•サブクローニングと細胞増幅
•セルバンクの構築
5 週間

抗体生産と同定
•適切な規模でのハイブリドーマ細胞培養
•プロテインAで精製された抗体
•SDS-PAGEおよびUVによる分析
•ELISA検証
3 週間

高速マウスモノクローナル抗体作製サービスのメリット

  • 抗体の作製時間が短い
  • 免疫原の投与量は増やすことなく
  • 電気融合技術による高い融合効率
  • FC、IHC、WBなどの特定のアプリケーション向けの抗体は作製可能
  • ミリグラムからグラムレベルまでの抗体の迅速な作製を提供
  • 高純度、ロット間の再現性が高く、動物ウイルスの汚染がない

お問い合わせ

Tel
+86-10-58628216; +86-10-58628223
E-Mail
cro-service@sinobiological.com