HPV L1 タンパク質

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、世界中で癌症例の約5%を引き起こします。

ハイリスクHPV(HR-HPV)型 (HPV16, 18, 26, 31, 33, 35, 39, 45, 51, 52, 53, 56, 58, 59, 66, 70, 73, 82) の持続感染は最大94%の肛門がん、最大63%の陰茎がん、最大74%膣がん、最大5〜20%の頭頸部扁平上皮がん、および子宮頸がんのほぼすべての症例を引き起こすことができます。

特定の種類のHPV感染から保護するために承認された予防ワクチンがいくつかあります。ワクチンは、HPV主要外殻タンパク(L1)に由来するウイルス様粒子(VLP)からなります。

組み換え HPV L1 タンパク質

HPV L1 タンパク質の特徴

高純度:

SDS-PAGEで測定した結果、>95%

発現宿主

バキュロウイルス昆虫細胞

内毒素が低い

LAL法で測定した結果、< 20 EU / mL タンパク質

HPV L1 抗体 & 遺伝子

HPV L1 抗体

品番 製品の説明 適用 特異性
68009-MM01 HPV16 L1 Antibody (Conformational Antibody), Mouse MAb ELISA, IHC-P, FCM, ICC/IF, IF, IP HPV16 capsid L1

HPV L1 cDNA / 遺伝子

ベクターの種類 HPV39 HPV51 HPV53 HPV56 HPV59 HPV68 HPV73
発現ベクター VG40229-UT VG40230-UT VG40319-UT VG40315-UT VG40231-UT VG40317-UT VG40321-UT
レンチウイルスベクター VG40229-ACGLN VG40230-ACGLN VG40319-ACGLN VG40315-ACGLN VG40231-ACGLN VG40317-ACGLN VG40321-ACGLN

HPV L2 試薬

HPV L1 参考文献

• Zhai et al.A Novel Candidate MS2 Phage VLP Vaccine Displaying a tandem HPV L2 Peptide offers Similar Protection in Mice to Gardasil-9.Antiviral Res. 2017 November ; 147: 116–123
• A. Touzeè et al. Production of recombinant virus-like particles from human papillomavirus types 6 and 11, and study of serological reactivities between HPV 6, 11, 16 and 45 by ELISA: implications for papillomavirus prevention and detection. FEMS Microbiology Letters 160 (1998) 111-118
• Stanley M1.HPV vaccination in boys and men.Hum Vaccin Immunother. 2014;10(7):2109-11.
• Stanley MA1, Sterling JC.Host responses to infection with human papillomavirus.Curr Probl Dermatol. 2014;45:58-74.