Sino Biological - 公式サイト

がんに対する標的療法

がんに対する標的療法:はじめに

癌治療に関しては、化学療法剤の最初の方法は細胞毒性薬であった。有糸分裂阻害剤の作用は癌細胞に限定されず、特に造血系に著しい効果が見られ、結果として好中球減少または汎血球減少を伴うことが多い。分子標的療法は逆に、特定の分子特性に基づいて癌細胞に選択的に影響を与えることを目的としている。治療の標的は多様であるが、細胞の成長、増殖、そしてさらに最近では免疫回避に関わる。 がんに対する標的療法は何?分子標的療法は、薬物または他の物質を使用してがん細胞をより正確に識別して攻撃するための新しいがん治療法であり、通常は正常細胞にほとんど損傷を与えない。多くの臨床試験とFDAによって承認された多くの薬で検証された癌の根治療法である。

腎臓癌に対する標的療法

腎がんの治療には、さまざまな標的療法がある。同定された標的療法は、血管新生および細胞増殖の原因であるものなど、腫瘍進行に関与する特定のシグナル伝達経路を破壊することによって機能する。チロシンキナーゼ阻害剤およびラパマイシン阻害剤の哺乳動物標的は現在、腎臓癌の治療に使用される薬物種類となり、それらの多くはすでに規制当局の承認を受けた。例えば、sorafenib、sunitinib、pazopanib、axitinib、temsirolimusおよび everolimusなど。

肝癌に対する標的療法

2007年5月に、ソラフェニブは「切除不能肝細胞癌(HCC)」として承認され、肝癌で使用される最初の分子標的薬となった。現在、多くの新しい薬剤が開発されており、ソラフェニブと標準的治療との併用療法が肝癌を克服するために試みられている。新薬には、mTOR阻害薬、Brivanib、Axitinib、E7080、CS1008、その他多くの薬剤が含まれていた。

結腸直腸癌に対する標的療法

結腸直腸癌(CRC)は最も一般的ながんの1つであり、世界で2番目に多いがんの種類である。新たに診断された患者の約25%が既に転移を発症しており、そしてすべての大腸癌患者の50%は疾患が進行するにつれて転移を発症する。全身療法は、何年もの間、fluoropyrimidine (5-FU)-based regimen単独またはoxaliplatinまたはirinotecanとの併用療法に限定されていた。
転移性結腸直腸癌(mCRC)を有する患者の生存率は、血管内皮増殖因子(VEGF)および上皮増殖因子受容体(EGFR)を標的とするモノクローナル抗体の導入により有意に改善された。最近、afliberceptやregorafenibのような新しい分子標的薬が承認された。

膵癌に対する標的療法

腫瘍形成に関連する分子的および遺伝的変化についての理解の深まりは、これらの変化を特異的に標的とする薬剤の開発を引き起こした。標的は、KRASおよびMAPK、上皮成長因子受容体、血管内皮成長因子A、およびインスリン様成長因子に対するI型受容体などの下流因子を含む。

前立腺癌は、依然として米国の男性で最も一般的に診断されている悪性腫瘍であり、癌に関連した死亡の2番目に多い原因である。現在の標準治療には前立腺切除術と放射線療法が含まり、これらはしばしばホルモン療法を追加することが多い。再発が一般的であり、そして多くの人は、転移性前立腺癌を発症し、その際、化学療法は中程度の効果しかない。ホルモン抵抗性前立腺癌(HRPC)または去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)のような、初期治療後に再発する前立腺癌の悪性型を治療するには、新しい治療法が必要であることは明らかである。癌の分子メカニズムへの理解の進歩に伴い、我々は新しい形態の標的療法の開発における前例のない進歩を目撃した。

卵巣癌は、婦人科由来の腫瘍に起因する死亡の最も一般的な原因であり、患者がすでに進行した病期に進行した後に診断されることが多い。卵巣癌を治療するための現在の標準治療としては、腫瘍縮小術とそれに続く術後補助化学療法がある。残念ながら、多くの患者は再発し、最終的には自分の病気で死亡する。標的療法は、耐性疾患を克服する方法として卵巣癌で評価されている。

従来の療法と比較して、分子標的療法はメラノーマを含む様々な悪性腫瘍の管理において、より低い毒性プロファイルおよびより良好な全生存率で有望であることを示している。メラノーマにおけるBRAF突然変異の発見は、進行性メラノーマの標的療法のためのBRAF阻害剤の開発をもたらした。しかしながら、BRAF阻害剤を含む分子標的治療に対する薬剤耐性に対する懸念が高まっていて、これは、進行性メラノーマを治療するためのその他の分子標的を解明するように促した。