Sino Biological - 公式サイト

肺がんに対する標的療法

肺がんに対する標的療法: はじめに

肺がんは、米国のがん関連死亡の主な原因であり、2016年には224,390人の新規症例と158,080人の死亡が予測されている(ACS 2016)。古典的に、治療の決定は経験的であり、腫瘍の組織学に基づいている。プラチナ製剤を中心とした化学療法は依然として治療の基礎である。ただし、生存率は低いままで、新しい治療法と治療戦略が必要である。
肺がんは非小細胞肺がん(NSCLC)と小細胞肺がん(SCLC)という2つの主要な組織学的サブタイプで構成されている。過去10年間にわたって、NSCLCのサブセットは、複数の癌遺伝子で発生する再発性のdriver突然変異によって分子レベルでさらに定義できることが明らかになった。また、肺癌に対する標的療法はすでに開発されており、化学療法と比較してメリットがある。

非小細胞肺がん(NSCLC)に対する標的療法

Driver変異は、非小細胞肺がん(NSCLC)のほとんどで発生した。受容体またはプロテインキナーゼのこれらの変異は、RAS-RAF-MEK-ERKまたはMAPK、PI3K-AKT-mTORまたはJAK-STAT経路などの交差シグナル伝達経路の複雑なカスケードを刺激し、制御されない細胞成長、増殖、および生存をもたらす。成功的な標的療法は、低分子阻害剤または受容体モノクローナル抗体(mAb)によるこれらの調節不全経路の同定と阻害に関わる。

小細胞肺がん(SCLC)に対する標的療法

小細胞肺がん(SCLC)は肺がん症例の15%を占め、予後不良と関連している。標準的な治療レジメンは過去数十年間にわたって改善されてきたが、患者の生存に大きな影響はない。従って、病気の分子基盤へのより良い理解に基づいた標的療法の開発が緊急に必要である。

肺がんに対するEGFR標的療法

特定のチロシンキナーゼの中の体細胞変異は、特定のがんの中心的なdriverとして現れ、これらの変異タンパク質は標的療法の優れた基質であることが証明されている。これは、変異型EGFR依存性肺腺癌の場合であり、その中で、EGFR変異検査は治療決定の指針としてすでに使用されている。