Sino Biological - 公式サイト

乳がんに対する標的療法

乳がんに対する標的療法:はじめに

乳がんに対する標的療法とは何?それは発がんと腫瘍の成長に必要な特定の標的分子と干渉することにより、乳癌細胞の成長をブロックすることを意味する。乳がんの基礎となる生物学への理解の深まりに伴い、多くの分子標的が同定された。それらの中には、多くの標的 (HER1, HER2, HER3,IGF受容体 [IGFR], C-MET, FGF受容体 [FGFR])に対するチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)、細胞内シグナル伝達経路(PI3K, AKT, [mTOR, ERK)の阻害剤、血管新生阻害剤、およびDNA修復を妨げる薬剤がある。これらの薬剤のいくつかは顕著な活性を示しており、すでに乳癌患者の標準治療の一部になっている(例えば、抗HER2薬剤トラスツズマブとラパチニブ)。他の薬剤は臨床活動を示しているが、診療のためにまだ承認されていない。このグループには、新規の抗HER2剤と、ラパマイシンアナログ("rapalogs," またはmTORの阻害剤)およびBRCA欠損腫瘍のポリ(ADP-ribose) ポリメラーゼ (PARP)阻害剤がある。第3グループの(そして明らかに最大の)化合物は、まだ開発の初期段階にあるが、一部の例では臨床反応の兆候がすでに観察されている。

ホルモン受容体陽性乳がんに対する標的療法

ホルモン受容体陽性乳がんは、主にエストロゲン/ ER経路によって駆動され、この経路を標的とした内分泌療法が最も成功している。しかし、内分泌療法に対する耐性は、新規または後天的のいずれかであり、一般的な現象であり、重大な臨床的課題である。内分泌抵抗性のメカニズムは複雑であり、完全には理解されていない。
実験モデルは、内分泌抵抗性が、ゲノムまたはエピジェネティックな変化の結果として、エストロゲン非依存性成長および生存シグナル伝達経路の活性化を伴うことを示している。これらの経路は治療介入の標的となる可能性がある。

HER2 陽性乳がんに対する標的療法

遺伝子増幅の結果としてのHER2の過剰発現は、ヒト乳がんの18%〜20%で発生し、より高悪性度の表現型と関連している。モノクローナル抗体トラスツズマブの導入により、この疾患の結果が大幅に改善された。トラスツズマブに加えて、ラプチニブ、ペルツズマブ、およびトラスツズマブ エムタンシンを含むいくつかのHER2標的薬は、進行性HER2陽性疾患の治療のために承認された。

トリプルネガティブ乳癌に対する標的療法

トリプルネガティブ乳癌は、ERおよびプロゲステロン受容体を発現せず、HER2の過剰発現または増幅もない乳がんの表現型の説明である。ER陽性またはHER2陽性乳がんとは異なり、トリプルネガティブ乳癌に対する承認された標的療法はない。

乳癌に対する標的療法:参考文献

Higgins M J et al. Targeted therapies for breast cancer[J]. The Journal of clinical investigation, 2011, 121(10): 3797-3803.
Mohamed A, Krajewski K, Cakar B, et al. Targeted therapy for breast cancer[J]. The American journal of pathology, 2013, 183(4): 1096-1112.