受容体型チロシンキナーゼ(RTK) シグナル伝達

受容体型チロシンキナーゼ(RTK)

受容体型チロシンキナーゼ(RTK) は、細胞間コミュニケーションを仲介するシグナル伝達の不可欠な要素である。RTKファミリーには、上皮成長因子受容体(EGFR)、血小板由来成長因子受容体(PDGFR)、線維芽細胞成長因子受容体(FGFR)、血管内皮成長因子受容体(VEGFR)、Eph(エフリン受容体)、およびインスリン受容体などが含まれる。 このファミリーの多くのメンバーは、増殖と分化、細胞の生存と代謝などの重要な細胞プロセスの重要な調節因子として機能している。

受容体型チロシンキナーゼ(RTK)シグナル伝達

成長因子または他の局所的に放出されたタンパク質の結合は、受容体の二量体形成および自己リン酸化を誘導し、それはSrc-Homology 2 (SH2)またはホスホチロシン結合(PTB)ドメインを有するいくつかの分子に対する結合部位を作り出す。これにより、Grb2(直接またはShcを介して)およびSosの膜動員が可能になり、Ras、Raf、MEK、およびERKの活性化が引き起こされる。

補充された他の重要な分子は、リン酸化され活性化されるPLC、および膜でその基質に運ばれるPI3Kである。PI3Kは原形質膜でPIP3を産生し、膜局在化およびPDK1とPKBの活性化をもたらす。PKBは、少なくとも3つの標的(Mdm2、BAD、およびFoxOファミリー転写因子)を介して細胞生存を促進する。

PDK1およびPKBはまた、TORキナーゼを活性化する。TORキナーゼはさらに栄養素に反応し、それによってmRNA、特に5'UTR中にoligopyrimidine tractまたは二次構造を有するものの翻訳を増加させる。ERK活性化は、FosおよびMycなどの最初期遺伝子を誘導する。FosおよびMycは、CREBファミリーと共に転写の二次的変化を誘導する転写複合体に寄与する。細胞周期誘導の重要な反応はサイクリンD1転写の増加であると考えられている。

受容体型チロシンキナーゼ(RTK)シグナル関連参考文献

1. Mark A. Lemmon, Joseph Schlessinger. Cell signaling by receptor-tyrosine kinases. Cell. 2010; 141(7): 1117–1134.
2. Daniel Kalderon. Growth Factor Signaling Pathways in Cancer. Principles of Molecular Oncology. 2004; 267–315.
3. Stevan R. Hubbard. Receptor tyrosine kinases: mechanisms of activation and signaling. Curr Opin Cell Biol. 2007; 19(2): 117–123.