カスタマイズウサギポリクローナル抗体生産サービス

標準ウサギポリクローナル抗体作製サービスの紹介

ウサギポリクローナル抗体は、作製する周期が短い、複数のエピトープを認識する、沈殿および凝集反応できるなどの利点があるため、科学研究者にとって重要なツールであった。Sino Biological Inc.は、優秀な抗原設計と抗体開発チームがあり、ウサギポリクローナル抗体の開発経験が豊富で、顧客のアプリケーション要件を満たす高品質ウサギポリクローナル抗体の開発を目指している。

その他の抗体作製開発サービス  見積もりをもらう

標準ウサギポリクローナル抗体作製サービスのプロセス

サービスの手順 具体的な内容 周期 納品物 引き渡しの標準 価格

抗原作製見積もり
详情参阅抗原作製サービスをご参照ください フォームに記入してから、
cro-service@sinobiological.com
までお送りください。

抗原検証
• UVおよびSDS-PAGE解析 1-2日 • 精製抗体(一匹のウサギの30ー40mL の血清はすべて精製に使用する)
• 実験報告
ELISA力価 ≥1:64,000

免疫および血清力価試験
• 免疫前採血
• 2つのウサギの免疫
• 血清力価試験
• 最終採血
8-10週間

精製(オプション)
• プロテインAアフィニティ精製
• 抗原アフィニティ精製
(お客様の要望に応じて精製方法を選ぶ)
3日

QC解析
• SDS-PAGEおよびUV解析
• ELISA検証
3日
顧客が抗原を提供する場合は次の要件がある:
タンパク質抗原 ペプチド抗原
抗原量 2.5-4mg/rabbit • KLH/VLPカプリングペプチド 3-5mg/rabbit
分子量 >10kD 濃度 >0.5mg/mL
SDS-Page純度 >90% • OVA/Biotin標識ペプチド 2-3mg
濃度 >0.5mg/mL 濃度 >0.1mg/mL
処方 PBS。PBSではない場合、お問い合わせください 処方 PBS。PBSではない場合、お問い合わせください

標準ウサギポリクローナル抗体作製サービスのケース

Sino Biological Inc.は、ウサギポリクローナル抗体開発に関する豊富な経験を有しており、ウサギポリクローナル抗体の血清力価> 1:64,000を保証することができる。全てのウサギポリクローナル抗体はELISA、WB、IHC、FACS等により検証済で、そして複数の組織および複数の細胞によって検証済である。

a) 複数の組織および複数の細胞によって検証済

  • • Mouse liver
    Fig 1. Immunochemical staining of mouse target A with rabbit polyclonal antibody.
  • • Mouse kidney
    Fig 2. Immunochemical staining of mouse target A with rabbit polyclonal antibody.

b) 複数のアプリケーションによって検証済

  • Fig 1. Immunofluorescence staining of mouse target A in NIH-3T3 cells. Positive staining was localized to Mitochondrion.
  • Fig 2. Lane A: NIH-3T3 Whole Cell Lysate; Lane B: Raw264.7 Whole Cell Lysate. Anti-target A rabbit Pab; Goat Anti-Rabbit IgG (H+L)/HRP.
  • Fig 3. Lane A: NIH3T3 Whole Cell Lysate. Anti-target A rabbit Pab; Clean-Blot IP Detection Reagent (HRP).
     

a) 複数のアプリケーションによって検証済

  • Fig 1. Immunofluorescence staining of target B in HeLa cells. Positive staining was localized to cytoplasm and nucleus.
     
     
  • Fig 2. Lane A: Hela Whole Cell Lysate; Lane B: MCF7 Whole Cell Lysate; Lane C: K562 Whole Cell Lysate. Anti-target B rabbit Pab; Goat Anti- Rabbit  IgG H&L (Dylight 800).
     
  • Fig 3. Lane A: CDK4 konckout Hela Whole Cell Lysate; Lane B: Hela Whole Cell Lysate. Anti-target B rabbit Pab; Goat Anti- Rabbit  IgG H&L (Dylight 800).
     
  • Fig 4. Lane A: HepG2 Whole Cell Lysate; Lane B: k562 Whole Cell Lysate; Lane C: Hela Whole Cell Lysate. Anti-target B rabbit Pab; Dylight 800-labeled antibody to rabbit IgG (H+L).

a) 複数のアプリケーションによって検証済

  • Fig 1. Immunofluorescence staining of target C in Hela cells. Positive staining was localized to Cytoplasm.
     
     
  • Fig 2. Lane A: K-562 Whole Cell Lysate. Anti-target C rabbit Pab; Goat Anti-Rabbit IgG (H+L)/HRP.
     
     
  • Fig 3. Lane A: MCF7 Whole Cell Lysate; Lane B: K-562 Whole Cell Lysate; Lane C: Hep G2 Whole Cell Lysate. Anti-target C rabbit Pab; Goat Anti-Rabbit IgG (H+L)/HRP.

標準ウサギポリクローナル抗体作製サービスのメリット

  • 世界的に先進的な組換えタンパク質の発現と精製技術、複数のタンパク質発現および精製プラットフォーム、6000以上のタンパク質生産に関する豊かな経験、抗原発現の高い成功率
  • プロなペプチド設計ソフトウェア、高効率的な結合方案により、設計されたペプチドの免疫成功率が95%以上であることを確保
  • 血清力価≥1:64,000
  • ステップごとに見積もりすることと節点による課金により、顧客のリスクを全面的に削減し、コストを節約

お問い合わせ

Tel
+86-10-58628216; +86-10-58628223
E-Mail
cro-service@sinobiological.com