ウサギモノクローナル抗体生産サービス

ウサギモノクローナル抗体作製サービスの特色

マウスモノクローナル抗体と比べ、ウサギモノクローナル抗体は、通常、より高い親和性および特異性を有し、より多くの新しいエピトープおよびマウス抗原を認識することができ、治療薬候補および診断キットの開発において重要な役割を果たす。Sino Biologicalは抗体ライブラリーを構築することにより、ウサギモノクローナル抗体を開発し、抗体遺伝子およびその配列を直接取得することができた。これは優れた抗体の長期間の保存およびその外来発現にとってより有益である。
NOTE: This video displays in Chinese.

その他の抗体作製開発サービス  見積もりをもらう

ウサギモノクローナル抗体作製サービスのプロセス

サービスの手順 具体的な内容 周期 納品物 引き渡しの標準 価格

抗原作製見積もりをもらう
抗原作製サービスをご参照ください フォームに記入してから、
cro-service@sinobiological.comまでお送りください。

抗原検証
• UVおよびSDS-PAGE解析 1-2 日 •陽性クローンの抗体重鎖と軽鎖配列
•精製抗体
•抗体重鎖および軽鎖をそれぞれ含むベクター
•実験レポート
ELISA検出では、精製抗体と免疫原と結合する。

免疫および血清力価試験
• 免疫前採血
• 二つのウサギ免疫
• 血清力価試験
• 最終採血
8-10 週間

ライブラリーの構築とスクリーニング
  4-6 週間

抗体の生産および精製
• ベクターの構築
• HEK293細胞の一過性トランスフェクション
• プロテインA精製抗体
2-3 週間

QC解析
• SDS-PAGEおよびUV解析
• ELISA検証
3 日
顧客が抗原を提供する場合はに記入してください)、次の要件がある:
Recombinant protein antigen Peptide antigen
抗原量 2.5-4mg/rabbit • KLH/VLPカプリングペプチド 3-5mg/rabbit
分子量 >10kD 濃度 >0.5mg/mL
SDS-Page純度 >90% • OVA/Biotin標識ペプチド 2-3mg
濃度 >0.5mg/mL 濃度 >0.1mg/mL
処方 PBSまたはほかの無毒緩衝液 処方 PBSまたはほかの無毒緩衝液

ウサギモノクローナル抗体作製サービスのケース研究

Sino Biological Inc. は、ハイスループットウサギモノクローナル抗体開発技術プラットフォームを確立しました。このプラットフォームによって独自に開発されたウサギモノクローナル抗体は、従来のマウスモノクローナル抗体よりも優れた親和性と抗原検出限界を持っています。Sino Biological Inc. が開発したウサギモノクローナル抗体は、ELISA、WB、IHC、FACSおよび他の複数の組織および複数の細胞によって検証済で、低バックグラウンドおよび高感度抗体をスクリーニングする成功率を向上させます。

a) 複数の組織および複数の細胞によって検証済

  • • Human stomach
    Fig 1. Immunochemical staining of human target E with rabbit Mab. The image showing membrane staining of epithelium cell.
  • • Human rectal cancer
    Fig 2. Immunochemical staining of human target E with rabbit Mab. The image showing membrane staining of epithelium cell in intestinal gland.
  • • Human placenta
    Fig 3. Immunochemical staining of human target E with rabbit Mab. The image showing positive staining of trophoblast.
  • • Human liver
    Fig 4. Immunochemical staining of human target E with rabbit Mab. The image showing membrane staining of hepatocyte.
  • • Human gastric cancer
    Fig 5. Immunochemical staining of human target E with rabbit Mab. The image showing membrane staining of epithelium cell.
     
     
  • • Human esophagus
    Fig 6. Immunochemical staining of human target E with rabbit Mab. The image showing membrane staining of squamous epithelium cell. The left panel: tissue incubated with primary antibody; The right panel: tissue incubated with the mixture of primary antibody and antigen.

b) 複数のアプリケーションによって検証済

  • Fig 1. Immunofluorescence staining of target E in monkey stomach with rabbit Mab. The image showing membrane staining of gastric gland cell. The right panel: merge with DAPI.
  • Fig 2. Immunofluorescence staining of human target E in HeLa cells with rabbit Mab. The image showing membrane staining of HeLa cells.
  • Fig 3. Lane A: A431 Whole Cell Lysate. Anti-target E rabbit Mab; Goat Anti-Rabbit IgG H&L (Dylight800).
  • Fig 4. Lane A: K562 Whole Cell Lysate. Anti-target E rabbit Mab; Clean-Blotô IP Detection Reagent (HRP).
  • Fig 5. Analysis of anti-target E reactivity on HeLa cells.
     

a) 複数の組織および複数の細胞によって検証済

  • • Human mammary gland
    Fig 1. Immunochemical staining of human target F with rabbit Mab. Positive staining was localized to membrane of alveolus epithelium.
  • • Human colon carcinoma
    Fig 2. Immunochemical staining of human target F with rabbit Mab. Positive staining was localized to membrane of colonic gland epithelium.
  • • Human bladder carcinoma
    Fig 3. Immunochemical staining of human target F with rabbit Mab. Positive staining was localized to membrane of transitional epithelium.

b) 複数のアプリケーションによって検証済

  • Fig 1. Immunofluorescence staining of human target F in SKBR3 cells. Positive staining was localized to plasma membrane.
     
     
     
  • Fig 2. Lane A: MCF-7 Whole Cell Lysate. Anti-target F rabbit Mab; Goat Anti-Rabbit IgG H&L (Dylight800).
     
     
     
     
  • Fig 3. Flow cytometric analysis of anti-target F reactivity on SKBR3 cells. The histogram were derived from the gated events based on light scattering characteristics of viable cells.
     
     
  • Fig 4. Lane A: MCF-7 Whole Cell Lysate; Lane B: A431 Whole Cell Lysate; Lane C: HepG2 Whole Cell Lysate; Lane D: Caco-2 Whole Cell Lysate. Anti-target F rabbit Mab; Dylight 800-labeled antibody to rabbit IgG (H+L).

第二世代ウサギモノクローナル抗体技術

第二世代作製技術 液相+固相スクリーニング 複数の検証プラットフォームにより、最優の抗体を選ぶ
高親和性
マウス抗体を認識する
高い特異性と、低いバックグラウンド
ヒト化が容易
より多くの新規エピトープを認識可能
抗体ライブラリーがもっと大きい
第二世代のウサギモノクローナル抗体は遺伝子工学に直接用いることができる

ウサギモノクローナル抗体作製サービスのメリット

  • 世界的に先進的な組換えタンパク質の発現と精製技術、複数のタンパク質発現および精製プラットフォーム、6000以上のタンパク質生産に関する豊かな経験、抗原発現の高い成功率
  • プロ且つ効率的なペプチド設計ソフトウェア、高効率的なカプリング方案により、設計されたペプチドの免疫成功率が95%以上であることを確保
  • 業界をリードする抗体ライブラリの構築とスクリーニング技術により、抗体フラグメント欠失またはミスマッチのリスクを低減し、標的抗体のスクリーニングの確率を増加させる
  • ELISA、WB、IHC、FACSおよび他の検証プラットフォーム、複数細胞および複数組織検証により、バックグラウンドが低く高感度な抗体のスクリーニング成功率を向上させる
  • 高親和性、平均してマウスmAbより10〜100倍高い
  • 抗体開発、ベクター構築から抗体発現、精製までのワンストップサービスにより、顧客の時間を節約
  • ステップバイステップの見積もり、節点による課金により、顧客のリスクを全面的に削減し、コストを節約

お問い合わせ

Tel
+86-10-58628216; +86-10-58628223
E-Mail
cro-service@sinobiological.com