血小板由来成長因子(PDGF) シグナル伝達

血小板由来成長因子(PDGF)シグナル

血小板由来成長因子(PDGF) シグナルは、リガンド特異的活性化を介して細胞の増殖、分化、遊走、および生存を制御する。PDGFシグナルは4つのリガンド(PDGFA, PDGFB, PDGFC, PDGFD, )と2つの受容体( PDGFRA / CD140aとしても知られるPDGF受容体アルファ、PDGFRB / CD140b とも知られるPDGF受容体ベータ)からなる。PDGFRA と PDGFRBは膜貫通受容体チロシンキナーゼ(RTK)のファミリーに属する。

血小板由来成長因子(PDGF)シグナル伝達

すべてのPDGFは、分泌型のジスルフィド結合ホモ二量体(PDGF-AA、PDGF-BB、PDGF-CCおよびPDGFDD)として機能するが、PDGFAおよびBのみが機能的ヘテロ二量体(PDGF-AB)を形成することができる。PDGFシグナル伝達における重要な構成要素として、PDGFRはまた、3つの二量体アイソフォーム(ホモ二量体PDGFRAAおよびBBならびにヘテロ二量体PDGFRAB)を形成し得る。PDGFは、異なる親和性でPDGFRに結合する。

二量体化は、それが細胞内ドメインのチロシン残基上の受容体の自己リン酸化を可能にするので、PDGF受容体活性化における重要な事象である。自己リン酸化は受容体キナーゼを活性化し、そして下流のシグナル分子にドッキング部位を提供する。特徴がはっきりした3つのシグナル経路は、Ras-MAPK、PI3K、およびPLCである。これらは、複数の細胞性および発達性の応答に関与していることが知られている。

Platelet-Derived Growth Factor (PDGF) Signaling Transduction

PDGFRは、主にアダプタータンパク質 Grb2. を介してRas-MAPKに接続する。 Grb2はそのSH2ドメインを介して活性化PDGFRに結合し、そのSH3ドメインを介してSos1と複合体を形成する。Sos1はそして次に Rasを活性化し、 Raf-1とMAPKカスケードの下流の活性化を導く。MAPKシグナルは遺伝子転写を活性化し、細胞増殖、分化、および遊走を促進する(図1)。

PLC-γはPDGFRを結合し、リン酸化によってその活性化をもたらす。PLC-γ活性化は、細胞内カルシウムイオンの動員およびPKC. の活性化をもたらす。PDGFR媒介性PLC-γ活性化は細胞増殖と運動を刺激することができる。PDGFRによる PI3K経路の活性化は、アクチン再構成、指向性細胞運動、細胞増殖の刺激、およびアポトーシスの阻害を促進する。

血小板由来成長因子(PDGF)シグナル伝達に関連する参考文献

1. Nina Noskovicova, Martin Petrek, etc. Platelet-Derived Growth Factor Signaling in the Lung. Am J Respir Cell Mol Biol. 2015; 52, 263–284.
2. Johanna Andrae, Radiosa Gallini, and Christer Betsholtz. Role of platelet-derived growth factors in physiology and medicine. GENES & DEVELOPMENT. 2017; 22:1276–1312.