細胞シグナル伝達におけるその他の分子

細胞シグナル伝達に関与する分子

多数の分子回路が細胞シグナル伝達に関与している。 成長因子およびキナーゼを除いて、転写因子とセカンドメッセンジャーもこの過程において重要な役割を果たす。 神経情報伝達において、神経伝達物質、トランスポーターおよびイオンチャンネルは全て不可欠である。

細胞シグナル伝達は、多くの異なる種類の転写因子の活性を調節する。シグナル調節転写因子の1つの重要なグループはBZipタンパク質である。このスーパーファミリーの中で最もよく研究されているメンバーはAP-1(Jun / Fos)とCREB / ATFタンパク質で、それらはTPA (12-O tetradecanoylphorbol-13-acetate) response element (TRE) と cyclic AMP (cAMP) response element (CRE)にそれぞれ結合することによって遺伝子発現を制御する……もっと見る

細胞表面または場合によっては細胞内にある受容体によって受信されたシグナルは、通常、セカンドメッセンジャーと呼ばれる小さくて急速に拡散する分子を産生することによって細胞全体に中継される。これらのセカンドメッセンジャーは、リガンドが特定の細胞受容体に結合したときに発生する最初のシグナル(「(1次伝達物質」)をばらまく……もっと見る

化学伝達は、神経が神経系内で互いに伝達するための主要な手段である。多くの異なる種類の神経伝達物質が化学伝達の過程において重要な役割を果たしている。神経伝達物質は、シナプス後膜上の神経伝達物質受容体を介して細胞シグナル伝達を達成する……もっと見る

イオンチャネルは、特定のイオンを神経細胞膜を透過させる、細孔と呼ばれる特殊な構造を含む膜貫通タンパク質の一種である。イオンチャネルは電気シグナル伝達において重要である……もっと見る

電気シグナル伝達の分子的基礎は、神経細胞がそれらの表面膜を横切るイオン濃度勾配を維持することであり、これにより1つまたは複数のイオン(Na+, K+, Cl-, Ca2+)が電気化学的勾配を拡散して電気シグナル伝達効果を形成する。 特定のイオンのイオン濃度勾配を生成し維持する作業は活性トランスポーターとして知られる一群の原形質膜タンパク質によって行われる……もっと見る

細胞シグナル伝達