中分子免疫沈降/IP

免疫沈降については、分子が小さければ小さいほど、検出が難しくなる。通常、トランスフェクションの際、タンパク質はPVDF膜を通過することができる。ウェスタンブロッティングで非タンパク質性が検出できる。私たちはトランスファーメンブランの時間を短くすることを提案する。また、中分子よりも電圧を低く設定する必要がある。最適な方法は、勾配を減らして実験条件をテストすることである。

低分子タンパク質の濃度が低い場合は、透析または他の方法でタンパク質を濃縮することもできる。同様に、抗原を捕捉するためにより多くのIP免疫磁気ビーズを使用して、その後ウェスタンブロッティングで標的を検出してください。ウェスタンブロッティング抗体は、より良い結果を得るために、一晩インキュベートする必要がある。 

低分子タンパク質は細胞の機能にとって非常に重要であり、低分子タンパク質の研究は低分子タンパク質の秘密を明らかにし、私たちの生活を理解するのに役立つ。Sino Biologicalの免疫沈降キットはあなたが秘密を発見することを手伝うツールである。