大規模組換え抗体生産サービス

大規模組換え抗体生産サービスの特色

組換え抗体生産は、モノクローナル抗体医薬品の産業化のための重要な技術である。抗体遺伝子配列は、免疫およびスクリーニングプロセスなしで、大量の抗体を生産するために直接的および安定的に使用することができる。Sino Biologicalは完全な組換え抗体生産プラットフォームを持ち、組換え抗体の生産に豊富な経験を持っている。ミリグラムからキログラムの範囲の組換え抗体の迅速な生産を提供し、顧客のハイスループットおよび大規模生産要件を満たすことができる。

その他の抗体作製開発サービス見積もりをもらう

大規模組換え抗体生産サービスのプロセス

サービスの手順 具体的な内容 周期 納品物 価格

遺伝子合成およびコドン最適化(オプション)
  1-2 週間 • 精製抗体
•SDS-PAGEレポート
•実験レポート
フォームに記入してから、
cro-service@sinobiological.comまでお送りください。

ベクターの構築
• 重鎖および軽鎖遺伝子をそれぞれ最適化発現ベクターにクローンする
• プラスミドシークエンシング
• 大規模なプラスミド生産
1-2 週間

発現&精製
• HEK293/CHO細胞の一過性トランスフェクション
• 抗体精製
• 研磨(必要に応じて)
1-2 週間

QC解析
• SDS-PAGEおよびUV解析
• HPLC-SECによる純度分析およびエンドトキシン検出(オプション)
3 日
このサービスでは、顧客は抗体遺伝子配列または抗体遺伝子を含むベクターを提供する必要があります。

組換え抗体生産サービスのメリット

  • 自社開発した高効率培養培地およびトランスフェクション試薬、高発現ベクターおよび自主的知的財産権を有する工学細胞株により、低コストで抗体生産の高い成功率を保証
  • 24時間で週7日に持続的な培養、振とうフラスコからバイオリアクターへの異なる培養スケールアップにより、抗体の迅速な生産を保証
  • 抗体生産の一過性トランスフェクションを提供し、抗体発現安定細胞株を開発し、異なる顧客のニーズを満たすことが可能。
  • 各サブタイプの全長抗体(IgG1、IgG2a、IgG2b、IgG3、IgG4、IgMなど)、キメラ抗体(ヒト/マウスキメラ抗体、マウス/ウサギキメラ抗体など)、および抗体断片(Fab 、scFv、ナノボディなど)を発現することが可能。
  • 顧客の要求に応じて高純度、高濃度、低エンドトキシンの抗体を生産する。
  • ワン・ストップ・サービス:モノクローナル抗体の作製 - ハイブリドーマ抗体遺伝子シークエンシング - マウス抗体の生産 - キメラ抗体の生産 - 抗体ヒト化 - 抗体親和性成熟 - 抗体特性と解析 - プロセス開発 - GMP生産

お問い合わせ

Tel
+86-10-58628216; +86-10-58628223
E-Mail
cro-service@sinobiological.com