ウェスタンブロット用のインターロイキン抗体

インターロイキン抗体 - ヒト標的

  • ヒト IL12A / IL-12A 抗体
  • ヒト IL-21 抗体
  • ヒト IL12B / NKSF2 / P40 抗体
  • ヒト IL1F6 / IL36A 抗体
  • ヒト IL-18 抗体
  • ヒト IL-16 抗体
  • ヒト IL-1 alpha / IL-1F1 / IL1A 抗体
  • ヒト IL-32 alpha / IL32A 抗体
  • ヒト IL-1 beta / IL1B / IL1F2 抗体
  • ヒト IL-9 抗体
  • ヒト IL37 / IL1F7 / IL-1H4 抗体
  • ヒト IL-4 / IL4 / Interleukin-4 抗体
  • ヒト IL33 / Interleukin-33 / NF-HEV 抗体
  • ヒト IL-2 抗体
  • ヒト IL13 / ALRH 抗体
  • ヒト IL-3 抗体
  • ヒト IL6 / IFNB2 抗体
  • ヒト IL19 / Interleukin-19 抗体
  • ヒト IL36B / IL1F8 抗体
  • ヒト IL-23A & IL-12B Heterodimer 抗体

インターロイキン抗体 - マウス標的

  • マウス IL3 抗体
  • マウス IL-25 / IL-17E 抗体
  • マウス IL9 抗体
  • マウス IL12B / IL-12B 抗体
  • マウス IL10 抗体
  • マウス Interleukin-2 / IL-2 抗体
  • マウス IL12A 抗体
  • マウス IL31 抗体
  • マウス IL-18 抗体
  • マウス IL36B / IL1F8 抗体
  • マウス IL-1F6 抗体
  • マウス IL-4 / IL4 / Interleukin-4 抗体
  • マウス IL-1 beta / IL1B 抗体
  • マウス IL-27 抗体
  • マウス IL-1 alpha / IL-1F1 / IL1A 抗体
  • マウス IL16 抗体
  • マウス IL6 / IL-6 抗体
  • マウス IL-28B / IFN-lambda-3 抗体
  • マウス IL-21 抗体
  • マウス IL23 抗体

インターロイキン抗体 - ラット標的

  • ラット CNTF 抗体
  • ラット IL20RB 抗体
  • ラット CNTFR 抗体
  • ラット IL-21R / Il21R 抗体
  • ラット IL-1 beta 抗体
  • ラット IL-17R / IL-17RA (CD217) 抗体
  • ラット IL-1R1 / CD121a 抗体
  • ラット IL-1R2 / CD121b 抗体
  • ラット gp130 / CD130 / IL6ST 抗体
  • ラット IL2RG / CD132 抗体
  • ラット Interleukin-2 / IL-2 抗体
  • ラット IL-21 抗体
  • ラット IL6 / IL-6 抗体
  • ラット IL13RA2 / CD213A2 抗体
  • ラット CD127 / IL-7RA 抗体
  • ラット IL3 / IL-3 抗体

インターロイキン抗体 - その他の種

  • カニクイザル IL13 / ALRH 抗体
  • カニクイザル IL18 / Interleukin-18 抗体
  • イノシシ (豚) IL-10 抗体
  • カニクイザル IL18R1 抗体
  • イノシシ (豚) IL-1 beta 抗体
  • カニクイザル IL18RAP 抗体
  • イノシシ (豚) Sus scrofa (pig) IL6 / IL-6 抗体
  • カニクイザル CD25 / IL2RA 抗体
  • イヌ IL-33 抗体
  • カニクイザル IL-1R1 / CD121a 抗体
  • イヌ IL-2 抗体
  • カニクイザル IL-21R / Il21R 抗体
  • イヌ IL-17RD 抗体

背景知識

インターロイキンは、白血球により最初に発現されたサイトカインの一種です。用語「インターロイキン」は白血球によって産生される多数の分泌分子(白血球の間のメディエーターとして特異的に作用する様々なポリペプチド)を表します。インターロイキン(IL)は、細胞増殖、成熟、移動および接着を含む複雑な免疫調節機能を有するサイトカインのグループを説明するために使用されています。
ウェスタンブロット試験は、細胞抽出物または組織ホモジネートなどの試料から特定のタンパク質を検出するために使用される技術であり、インビトロで合成された組換えタンパク質も分析します。ウェスタンブロットはまた、特定の抗原とそれに対する抗体との間の特別な親和性に基づいて標的タンパク質を同定するために使用されることができます。ウエスタンブロットは、一般的に3つの主要なステップを含み、最初にSDS-PAGE、次いでサンプルのブロット、最後に免疫学的試験です。ウェスタンブロットにより、標的タンパク質に関する定性および半定量的データを取得することができます。