免疫沈降/IPトラブルシューティング

免疫沈降/ IPトラブルシューティングは一般的なプロトコールの適応に関わる。例えば、緩衝液組成の最適化、使用するサンプルおよび緩衝液の適切な容積、インキュベーション時間および洗浄回数など。Sino Biologicalの免疫沈降キットの多くの成分は別々に入手可能である。
主な課題は、抗体がプルダウンする抗原とその相互作用するパートナーとの間の特異的結合のための適切な条件を決定することである。一般的に、IPにおいてポリクローナル抗体はモノクローナル抗体より優れている。さまざまな抗体をテストし、特定のIPに最適な抗体を見つけましょう。

1.IP後はタンパク質が検出されなかった

溶解工程
結合工程
洗浄工程
溶出工程
検出工程

2. バックグラウンドが高い (特異的または非特異的)

溶解工程
結合工程
洗浄工程
溶出工程
検出工程

3.抗体断片は目的のシグナルを遮断した。

磁気ビーズに固定された抗体。
天然抗体に特異的な検出試薬。

4. Co-IPは成功しない

陽性/陰性対照を設定する。
バッファーをチェックしてください。
ライセートをチェックしてください。