免疫沈降/IP-Hela細胞ライセート

免疫沈降 は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

HeLa細胞/hiːlɑː/、Helaまたはhela細胞とも呼ばれ、科学的研究に使用される不死細胞株の細胞型であり、最も古くて最も一般的に使用されるヒト細胞株である。この株は、1951年10月4日に子宮頸がんで死亡した患者のHenrietta Lacksの1951年2月8日の子宮頸癌細胞に由来する。この細胞株は、著しく耐久性があり、多産であることが判明した。これは、研究に使用される他の多くの細胞株の汚染をもたらした。

Lacksの腫瘍からの細胞株は、研究者George GeyによってLacksの同意なしに採取されたのである。その前、他の細胞で培養した細胞は数日間しか生存しなかった。科学者たちは細胞の実際の研究より細胞を生存させるのに時間がかかったが、Lacksの腫瘍サンプルの一部の細胞は他の細胞とは異なった振る舞いをしていた。George Geyは一つの特定の細胞を単離し、それを増殖させ、細胞株を形成させた。George Geyは、Henrietta Lacksの名前の最初の二つのレターを組み合わせてこれらの細胞をHeLaと名づけた。研究室で成長した最初の「不死」(細胞分裂後に死ぬことはない)のヒト細胞として、hela細胞は多くの実験に使用することができる。医学的および生物学的研究の大きな進歩を意味する。

HeLa細胞の安定した成長のおかげで、ミネソタ大学病院の研究者がポリオウイルスの増殖を成功させ、ポリオワクチンの開発を可能にした。1954年に、Jonas Salkはこれらの細胞を使ってポリオのワクチンを開発した。Salkの新しいワクチンを試験するために、細胞は最初の細胞生産工場ですぐに大量生産された。

1955年にHeLa細胞により最初のヒト細胞が成功にクローニングされた。これでHeLa細胞の需要は急速に増加した。大量生産されて以来、Lacksの細胞は、世界中の科学者に癌、AIDS、放射線や毒性物質の影響、遺伝子マッピングおよびその他の科学的研究に使用されてきた。HeLa細胞はまた、テープ、接着剤、化粧品、および他の多くの製品に対するヒトの感受性を試験するために用いられてきた。科学者はすでに20トン以上のhela細胞を培養しており、HeLa細胞に関する特許は約11,000件ある。