免疫沈降/IP抗体製品センター

タンパク質 - タンパク質相互作用を研究するために、長年にわたって多くの方法が開発されてきました。これらの技術の多くは、新しい手頃な価格の機器やリソースセンターのおかげで、非特定な研究者が利用できるようになりました。典型的なタンパク質 - タンパク質相互作用研究は、通常、新規の結合パートナーの最初のスクリーニングから始まります。タンパク質の細胞内共局在のための共焦点顕微鏡検査、共免疫沈降、表面プラズモン共鳴(SPR)および分光学的研究というタンパク質 - タンパク質相互作用の検証のための4つの戦略が提出されました。SBIの IP製品には、IP KIT(500+)、IP抗体(500+)、IPバッファー(5+)および磁気分離器(4+)が含まれます。IP KITには、IP手順用のバッファーがすべて含まれています。また、一部のIP KITのための陽性細胞溶解液も提供しています。陽性細胞溶解液は、天然の細胞または組織で調製されます。当社は500種類以上のIP KITと多くのIP抗体を持っています。免疫沈降後の異なる検出法については、ウェスタンブロッティング、PCR、ELISAなどのためのいくつかの磁気分離器を設計しました。タンパク質機能の研究者は、通常、異なるタンパク質間の相互作用を研究します。酵母ツーハイブリッド法、共免疫沈降(co-IP)、プルダウン解析法、クロスリンクタンパク質相互作用解析法、ラベルトランスファータンパク質相互作用解析法、ファーウェスタンブロット解析法などのタンパク質相互作用を研究するための多くの方法があります。

  • シンプルな磁気分離器
  • 16ウェル磁気分離器
  • PCR磁気分離器
  • ELISA磁気分離器