免疫沈降/IP- A431細胞溶解液

免疫沈降は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

A431細胞は、生物医学研究に用いられるモデル細胞株(類表皮癌)である。より具体的には、上皮成長因子受容体(EGFR)を異常に高いレベルで発現するため、細胞周期および癌関連細胞シグナル経路の研究に使用される。したがって、EGFR発現の陽性対照としてよく使用される。それらは強力な腫瘍抑制遺伝子である機能的p53を含まないので、分裂促進刺激に対して非常に感受性が高い。A431細胞株は、85歳の女性患者の皮膚/表皮の表皮癌から作られた。

A431細胞の上皮成長因子(EGF)刺激は、成長、増殖およびアポトーシスなどの細胞プロセスを制御し、細胞内シグナル伝達タンパク質の迅速なチロシンリン酸化を誘導する。低い(ピコモル)濃度では、EGFはA431細胞の細胞増殖を促進し、より高い(ナノモル濃度)濃度では、細胞を最終的に分化させることによって増殖を阻害する。ブラジキニンでA431細胞を処理することは、基礎およびEGF誘発EGFRリン酸化を減少させる。セルトリ細胞分泌増殖因子(SCSGF)による治療は、細胞増殖を強く誘導する。ホルボールエステルによるA431細胞の刺激は、インターロイキン1関連タンパク質IL1Hの発現を誘導する。