標的療法の仕組み

標的療法の仕組み:はじめに

がん治療薬は、腫瘍の成長と進行に必要な特定の分子を妨害するように設計された薬です。従来の細胞毒性化学療法は通常、細胞分裂を妨げることにより体内の急速に分裂する細胞を殺します。標的療法の主な目標は、より正確に、より少ない副作用でがん細胞と戦うことです。

標的療法の仕組み:治療用モノクローナル抗体

治療用モノクローナル抗体は、膜貫通受容体や細胞外成長因子など、細胞表面にある特定の抗原を標的にします。場合によっては、モノクローナル抗体を放射性同位体または毒素に結合させて、これらの細胞毒性薬を目的のがん細胞標的に特異的に送達します。その例として、ベバシズマブ VEGF-Aを標的とするヒト化モノクローナル抗体)、セツキシマブ( EGFRを標的とするキメラモノクローナル抗体)、 およびイピリムマブ( CTLA-4を標的とする免疫系を有する完全ヒト抗体)が挙げられます。

標的療法の仕組み:低分子

低分子は細胞膜を透過して、細胞内の標的と相互作用することができます。低分子は通常、標的タンパク質の酵素活性を妨げるように設計されています。その例として、ボルテゾミブ(低分子プロテアソーム阻害剤)、イマチニブ(低分子チロシンキナーゼ阻害剤)およびセリシクリブ(低分子サイクリン依存性キナーゼ阻害剤)が挙げられます。

標的療法の仕組み:結論

複数の分子標的治療薬はFDAにより承認されており、その多くは単独でまたは他の治療と組み合わせて臨床試験で研究されています。