HER2 標的療法

HER2 標的療法: はじめに

HER2は、EGFR / ERBB1、HER2 / ERBB2 / NEU、HER3 / ERBB3、およびHER4 / ERBB4を含む受容体チロシンキナーゼ(RTK)ファミリーに属する。HER2の遺伝子は17番染色体上にあり、いくつかの癌で増加したコピー数で増幅する。HER2の増幅は、腫瘍形成を促進し、いくつかのヒト癌の病因に関与することがわかった。

現在まで、HER2のリガンドは同定されていない。しかし、HER2はERBBファミリーのすべてのメンバーにとって優先的な二量体化パートナーであると思われる。リガンドの結合とそれに続くHER2ヘテロ二量体化により、HER2チロシンキナーゼの活性が活性化される。次に、活性化されたHER2はその基質をリン酸化し、細胞生存に関与するPI3K-AKT-mTOR経路および細胞増殖に関与するRAS-RAF-MEK-ERK経路を含む細胞内の複数の下流経路の活性化を引き起こす。

HER2遺伝子の増幅および/またはメッセンジャーRNAまたはタンパク質レベルでの過剰発現は、早期乳癌患者の約20%で発生する。HER2標的療法が現れる前、HER2レベルの上昇は、患者の高い再発率と死亡率の増加に関連していた。HER2標的療法の出現により、HER2陽性の早期乳癌患者の予後が大幅に改善された。HER2陽性の早期乳癌患者における2つの承認されたHER2標的薬(トラスツズマブとラパチニブ)の使用を規定、改良、最適化するための試験が現在進行中である。

化学療法は結腸直腸癌の補助療法の効率的な戦略であることが示されているが、すべての患者の再発を防ぐことはまだできない。したがって、補助療法として使用される代替化合物については、数多くの研究が行われている。腫瘍関連タンパク質を標的とし、腫瘍の重要なプロセスを遮断するモノクローナル抗体およびその他の生物学的製剤が広く研究されている。このプロセスの重要なステップは、これらの化合物の標的となる腫瘍特異的タンパク質の同定である。これらの標的の1つはHER2で、これは主に乳がんに関連している。

症状は通常存在しないため、卵巣癌患者の70〜80%は診断時にすでに進行がんである。第一選択併用化学療法(タキサン/白金)に対する反応は最初は良好であるにもかかわらず、後天性の化学療法抵抗性のために再発が頻繁に起こる。患者の一部で潜在的に効果的な新しい標的療法の使用は、大きな価値があるかもしれない。