Gタンパク質共役受容体シグナル伝達経路

Gタンパク質共役型受容体シグナル伝達経路の背景知識

Gタンパク質共役受容体(GPCR)は、様々な正常な生物学的プロセスを調節し、下流のシグナル伝達活動の調節不全による多くの疾患の病態生理学において大きな役割を果たす。GPCRシグナル伝達によって活性化される細胞内シグナル伝達経路は、cAMP / PKA経路、PKC経路、Ca2 + / NFAT経路、PLC経路、PTK経路、PKC / MEK経路、MAPK経路、p38 MAP経路、PI3K経路、Rho経路、NF-κB およびJAK / STAT経路。GPCRは、視覚、嗅覚、自律神経系および行動などの多様な生物学的過程を調節する。GPCRは、ペプチドおよび非ペプチドホルモンおよび神経伝達物質、ケモカイン、プロスタノイドおよびプロテイナーゼ、生体アミン、ヌクレオシド、脂質、成長因子、臭気分子および光を含む様々なリガンドおよび刺激を認識する。

お問い合わせ

  • Tel: +1215-583-7898
  • Email: order_us@sinobiological.com
  • Fax: +1267-657-0217
  • 代理店