フローサイトメトリー (FCM) /FACS |トラブルシューティング

染色がない

1.すべての一次抗体と二次抗体が正しく保存され、活性があることを確認してください。
2.既知の抗原発現の陽性対照を設定して、偽陰性をもたらしうる他の予想外 の原因を排出する。
3.蛍光色素がフィコエリトリンまたはアロフィコシアニンベースの場合は、材料を凍結しないでください。

染色が弱い

1.抗体の濃度が低すぎるかもしれません。 適切な濃度を使用したことを確認してください。
2.細胞の数が多すぎるかもしれません。細胞密度を推奨値に調整しましょう。
3.抗体とインキュベートした時間と温度は適切ではないかもしれませんが、最適化する必要があります。
4.抗原発現が弱いかもしれません。 より明るい蛍光色素で標識した抗体(PEやPerCPなど)を選択してください。

非特異的染色

1.抗体の濃度が低すぎるかもしれません。慎重に最適化する必要があります。
2.間接的IF染色では、材料と交差反応しない二次抗体を選択してください。
3.非特異的な結合部位をブロックし、十分な洗浄ステップがあることを確認しましょう。

予想外の染色

1.使用した試薬が抗原の活性または構造に影響しないことを確認してください。
2.試験した抗原が細胞内で発現している場合は、細胞透過処理方法を使用する必要があります。