フローサイトメトリー (FCM) /FACS の紹介

フローサイトメトリーは細胞表面および細胞内分子の発現を解析し、異種細胞集団における異なる細胞の種類を特徴づけ、定義し、単離された亜集団の純度を評価し、細胞のサイズおよび細胞容積を分析するために、広く使用されている方法で、単細胞の同時マルチパラメーター解析が可能である。

これは主に、タンパク質を検出する蛍光標識抗体、またはDNAに結合するヨウ化プロピジウムなどの特定の細胞関連分子に結合するリガンドによって生成される蛍光強度を測定するために使用される。

染色手順は、細胞培養物または組織サンプルから単細胞懸濁液を作製することを含む。次いで、細胞を、未標識または蛍光色素標識抗体を有するチューブまたはマイクロタイタープレート中でインキュベートし、フローサイトメーターで解析する。

フローサイトメーターの原理

典型的なフローサイトメーターは、流路系、光学検出系および電気パルス処理(電子回路)系という3つの主なサブシステムを含むべきである。懸濁液中の細胞は照射された容積を一列に並べて流し、そこで光を散乱させ、蛍光を発する。光と蛍光を集め、ろ過し、光学ベンチで変換する。 光をデジタル信号に変換し、コンピュータで解析し、保存する。

フローサイトメトリーの原理の1つは、個々の粒子の特性を測定する能力である。溶液中の試料をフローサイトメーターに注入すると、粒子は3次元空間にランダムに分布する。したがって、試料を、機械の検出システムで検査することができる単粒子の流れに整理する必要がある。このプロセスは流路系によって管理される。

フローサイトメトリー(FCM) / FACS流路の模式図

上にルミナスライトを有する車のみがブームベリアに通過することができる。

詳細については「フローサイトメトリーとは」をご覧下さい。