フローサイトメトリー (FCM) /FACS | 適用

研究におけるフローサイトメトリーの使用は、1980年代半ば以降急成長を遂げた。免疫学、細胞生物学、病理学、微生物学など様々な分野で広く使用されてきました。それは免疫表現型検査、DNA細胞周期/腫瘍倍数性、膜電位、Ion flux、細胞生存率、細胞内タンパク質染色、pH変化、細胞追跡および増殖、ソーティング、レドックス状態、クロマチン構造、総タンパク質、脂質、表面荷電、膜融合/ run-over、酵素活性、酸化代謝、スルフヒドリル基/グルタチオン、DNA合成、DNA分解、遺伝子発現など。フローサイトメトリーは、様々な異なる蛍光標識細胞インデックスを検出することができる。その中で、抗原抗体反応に基づく検出方法が最も広く使用され、最も洗練されたフローサイトメトリー法である。

主なアプリケーション

細胞サイズ
粒子サイズ
表面積
核/細胞質比
DNA、RNA、タンパク質の量
細胞周期

二つ目は細胞の機能であり、次のものを含む。

特異抗原
サイトカイン
細胞活動
酵素活性
ホルモン結合サイト
受容体

フローとイメージングの比較

  Imaging Flow Cytometry
Cells per field/ sec Approx 100 20,000
No. of parameter < 6 <24
Quantifiable Maybe (using complex analysis tool) 12-16 bit (< 65,536 channels) Yes 18 bit resolution (262,144 channels)
Ave number of analysed cells 1,000 (10 fields of 100) > 10,000
Anatomical localization Yes No