フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体

フローサイトメトリー抗体検索
検索

厳密に検証済の抗体

複数の細胞サンプルで検証済
複数の細胞株による抗体の検証により、抗体の特異性がさらに明確になります。
抗原ブロッキング検証済
この方法は、抗体の特異性を検証する最も一般的な方法の1つです。
非標識抗体ブロッキング検証済
標識されていない抗体を用いてこの検証実験を行う目的は、標識後に特異性が変化するかどうかを認定することです。
Fc受容体ブロッキング検証済
サンプルに特殊な細胞タイプが含まれている場合は、常にサンプル染色の前にFc受容体ブロッキングを行うことをお勧めします。
WB、IFおよびIHC検証済
他のアプリケーションも、抗体の特異性に関する情報を提供します。

クラシッククローンと匹敵する

大部分のモノクローナル抗体は、国際的に、均質性、特異性、感受性、親和性などにおいて良好な評判を有するクラシッククローンに匹敵します。

感度における良好な性能

Sino Biological Inc.(SBI)の抗体製品は高い親和性および感度性能を有します。抗体のほとんどは推奨濃度のもとで何倍希釈しても相変わらずかなり良い効果を有します。

検証済の高安定性

Sino Biology Inc.(SBI)が製造した試薬の抗体安定性は、リアルタイムおよび実温度試験によって決定します。 抗体が検査された期間を証明することができます。

バックグラウンド制御のための推奨事項

  • ブランク対照としての未標識細胞
  • シングルカラーおよびFMOコントロール
  • アイソタイプ・コントロール
  • 負の細胞制御

蛍光色素の選択

  • 励起と放出
  • 蛍光色素の選択

フローサイトメトリーのコツ

  • 試料の調製
  • 蛍光染色

フローサイトメトリーFAQ

  • どのような蛍光色素を使用できますか?
  • どのようなコントロールが必要ですか?
  • 細胞を透過処理する必要がありますか?
  • サンプルを固定する必要がありますか?

フローサイトメトリーの PPT

  • フローサイトメトリーの紹介
  • フローサイトメトリーの基礎訓練
  • PowerPoint による FACS の原理とアプリケーション

フローサイトメトリーのトラブルシューティング

  • 染色がない
  • 染色が弱い
  • 非特異的染色
  • 予想外の染色

フローサイトメトリー / FACSの背景知識

フローサイトメトリーは細胞膜タンパク質および細胞内タンパク質ならびにペプチドおよびDNAを評価する方法である。FACSの原理は抗原抗体反応であり、抗体が蛍光標識されている。抗体に結合する蛍光タンパク質は3つ(R-PE、APC、およびPerCP)存在する。フローサイトメトリー定量は、挿入するカラー標識(抗体なし)を用いて行う。フローサイトメトリー抗体は、細胞計数、細胞分取、バイオマーカー検出およびタンパク質工学に広く使用される。

抗体
フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体
- フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体の特徴
- フローサイトメトリー (FCM) / FACS 製品センター
- フローサイトメトリー (FCM) / FACS テクノロジーセンター
ELISA抗体 免疫沈降 / IP 抗体 免疫組織化学 / IHC 抗体
フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体 ウエスタンブロッティング/ WB抗体 免疫蛍光/ IF / ICC抗体
タグ抗体 二次抗体 コントロール抗体
ローディングコントロール抗体 マウスMab ウサギMab
ウサギPab バイオマーカー抗体 CD 分子抗体
幹細胞研究抗体 受容体抗体 インターロイキン抗体
サイトカイン抗体 生物学的標的抗体 診断用抗体
がん抗体