フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体は、非標識抗体ブロッキングによって検証されています

フローサイトメトリーは通常、標識抗体を用いて細胞表面または内部抗原を直接検出する。フローサイトメトリーでは、競合的に抗原を結合する同株非標識抗体を加えることによって、標識抗体の蛍光シグナルを明らかに減少させることが可能である。非標識抗体を使用してこの検証実験を行う目的の1つは、標識後に特異性が変化するかどうかを認定することである。もう一つの目的はわずかな未結合または抜けた標識分子を含む標識抗体を知ることであり、それ自体は標本への非特異的結合の可能性である。

例えば、


抗原: ヒトCD146
抗体: CD146 / MCAM抗体(FITC), ウサギMAb (10115-R044-F)
細胞: HeLa
Flow Cyt: 10^6の細胞は10 µlを使用する。
機器: BD FACSCalibur

フローサイトメトリー / FACSの背景知識

フローサイトメトリーは細胞膜タンパク質および細胞内タンパク質ならびにペプチドおよびDNAを評価する方法である。FACSの原理は抗原抗体反応であり、抗体が蛍光標識されている。抗体に結合する蛍光タンパク質は3つ(R-PE、APC、およびPerCP)存在する。フローサイトメトリー定量は、挿入するカラー標識(抗体なし)を用いて行う。フローサイトメトリー抗体は、細胞計数、細胞分取、バイオマーカー検出およびタンパク質工学に広く使用される。