フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体は、抗原ブロッキングによって検証されます

精製組換え抗原は抗体の認識部位に競合的に結合し、天然抗原の抗体結合は著しく減少する。この方法は最も一般的な抗体特異性の検証方法の1つである。抗原ブロッキング実験によって検証されたフローサイトメトリー用抗体は、細胞内/膜結合抗原に対してより優れた特異性を有する。

例えば、

抗原: ヒト ICOSLG (CD275)
抗体: ICOS リガンド / B7-H2 抗体 (FITC), マウス MAb (11559-MM01)
細胞: RPMI8226
Flow Cyt: 10^6の細胞は1 µgを使用する。
機器: BD FACSCalibur

フローサイトメトリー / FACSの背景知識

フローサイトメトリーは細胞膜タンパク質および細胞内タンパク質ならびにペプチドおよびDNAを評価する方法である。FACSの原理は抗原抗体反応であり、抗体が蛍光標識されている。抗体に結合する蛍光タンパク質は3つ(R-PE、APC、およびPerCP)存在する。フローサイトメトリー定量は、挿入するカラー標識(抗体なし)を用いて行う。フローサイトメトリー抗体は、細胞計数、細胞分取、バイオマーカー検出およびタンパク質工学に広く使用される。