フローサイトメトリー (FCM) / FACS 抗体は、クラシッククローンに匹敵します

ポリクローナル&モノクローナル抗体

ポリクローナル抗体

ポリクローナル抗体は、免疫原が注入されたとき、動物内の異なるB細胞から生じます。 ポリクローナル抗体は、異なるエピトープ(すなわち、抗原分子内の小さな領域)を認識します。 これらは、異なるエピトープに対する複数のモノクローナル抗体の集団と見なすことができます。 イムノアッセイでこれらの抗体を使用する利点は、抗原を飽和させる能力にあります(すなわち、検出を向上させるために、より多くの抗体分子が抗原に結合することができる)。 しかし、より広い範囲の特異性のために、より「非特異的」な結合が存在する可能性があります。 アッセイ設計に依存して、これは高いバックグラウンド染色をもたらす可能性があります。

モノクローナル抗体

モノクローナル抗体は、個々のBリンパ球クローンの産物です。 所与クローンの抗体は同じ免疫化学性質を持ちます。しかも、抗原の特定のエピトープのみと反応します。経済的なので、マウスは現在、ほとんど独占的にモノクローナル抗体の生産に使用されています。しかしながら、マウスモノクローナル抗体と比較して、弊社の第二世代ウサギモノクローナル抗体は多くの利点を有します。 この技術を他のウェブページでご紹介します。 従来のハイブリドーマ技術では、免疫応答が達成された後、脾臓またはリンパ節由来のマウスBリンパ球を採取し、特定の化学的条件下で非分泌マウス骨髄腫細胞と融合させます。Bリンパ球が特異的抗体を伝達する一方で、ミエローマ細胞は、培地中のハイブリッド細胞(ハイブリドーマ)に寿命延長をもたらす。 ハイブリダイズしなかった細胞はすぐに培養物中で死ぎます。 抗体を産生するハイブリッド細胞を培養し、所望の反応性について試験します。 抗原に対する抗体を産生する細胞を選び、培養培地中で増殖させ、または同系マウスの腹腔へ移植します。腹水から抗体を採取することができます。 また、モノクローナルハイブリドーマは、インビトロ細胞培養系を用いてモノクローナル抗体を産生することができます。 したがって、特定の特性を有する大量の、そして少なくとも理論的に無制限の量のモノクローナル抗体を産生することができます。

イムノアッセイでは、モノクローナル抗体は、そのポリクローナルカウンターパートよりもいくつかの利点を有します。これらの利点には、高い均一性、高い特異性、特徴付けの容易さ、およびバッチ間またはロット間の親和性の差がないことなどが含まれます。 しかし、モノクローナル抗体はいくつかの欠点がある。 通常、モノクローナル抗体は、新鮮なまたは凍結した組織を用いて特徴付けます。 標的エピトープが固定によって影響されないことを確保する必要があります。場合によっては、単一の抗原内の複数のエピトープを標的とするポリクローナル抗体は、単一のエピトープに限定されるモノクローナル抗体よりもその抗原を検出する可能性が高いです。 しかし、いくつかの抗原は2つ以上の同一エピトープを有する可能性があり、多価として記載されます。

標的とするエピトープは所与の抗原に対してユニークでなければなりません。抗体が2つ以上の異なる抗原(抗体交差反応性)によって共有されるエピトープを認識する場合、モノクローナル抗体の最大の利点の1つである特異性は失います。

ポリクローナル抗体 モノクローナル抗体

クラシッククローンに匹敵するモノクローナル抗体

研究に基づくユーザーは、モノクローナル抗体の高特異性のために、モノクローナル抗体を好みます。 しかし、世界には多くの抗体メーカーが存在し、 抗体の品質はさまざまです。 世界中のユーザーのフィードバックによると、人気な標的分子に対するモノクローナル抗体のいくつかは良好な性能を有し、そのクローンは受け入れられ、流行なクラシッククローンとなりました。 Sino Biology Inc.(SBI)は、完全で信頼できる抗体生産および品質管理システムを有し、高レベルの専門技術者を有し、開発、製造した抗体は製薬会社のGMP基準を厳守します。 大部分のモノクローナル抗体はクラシッククローンに匹敵し、国際的に、均一性、特異性、感度、親和性などにおいて良好な評判を有します。

例えば、抗ヒトCD3E結合MAbをCD3E MAbと比較した(クローン 145-2C1, BD Biosciences)。

抗原:ヒト CD3E
抗体:
CD3e / CD3 epsilon 抗体 (FITC), マウス MAb (10977-M001-F);
CD3e / CD3 epsilon 抗体 (APC), マウス MAb (10977-M001-A);
CD3e / CD3 epsilon 抗体 (PE), マウス MAb (10977-M001-P)
BD CD3
細胞:ヒト全血リンパ球
Flow Cyt:
10^6の細胞は1µlを使用する。
機器:
BD FACSCalibur
  SBI CD3  

フローサイトメトリー / FACSの背景知識

フローサイトメトリーは細胞膜タンパク質および細胞内タンパク質ならびにペプチドおよびDNAを評価する方法である。FACSの原理は抗原抗体反応であり、抗体が蛍光標識されている。抗体に結合する蛍光タンパク質は3つ(R-PE、APC、およびPerCP)存在する。フローサイトメトリー定量は、挿入するカラー標識(抗体なし)を用いて行う。フローサイトメトリー抗体は、細胞計数、細胞分取、バイオマーカー検出およびタンパク質工学に広く使用される。