外因性および内因性アポトーシスシグナル経路

アポトーシスは複数のシグナル経路によって引き起こされ、複数の複雑な外因性および内因性リガンドによって調節されている。アポトーシスの開始は活性化メカニズムによって厳密に調節されている。最も解明されている2つの活性化機構は外因性アポトーシス経路および内因性アポトーシス経路(ミトコンドリア経路とも呼ばれる)である。

アポトーシスを開始する外因性アポトーシスシグナル伝達経路は膜貫通受容体媒介相互作用にかかわる。これらは腫瘍壊死因子(TNF)受容体遺伝子スーパーファミリーのメンバーである細胞死受容体にかかわる。

TNF受容体ファミリーのメンバーは、cyteineに富む同様の細胞外ドメインを共有し、そして「デスドメイン」と呼ばれる約80アミノ酸の細胞質ドメインを有する。このデスドメインは、細胞表面から細胞内シグナル伝達経路へ死亡シグナルを伝達するのに重要な役割を果たす。今日までに、最もよく特徴がわかっているリガンドおよび対応する細胞死受容体は、FasL / FasR、TNF-α/TNFR1、Apo3L / DR3、Apo2L / DR4およびApo2L / DR5である。

外因性アポトーシス経路の順序を明らかにする最もよく特徴がわかっているモデルはFasL / FasRおよびTNF-α/TNFR1である。これらのモデルでは、受容体のクラスター化および相同三量体リガンドとの結合がある。

アポトーシスを開始する内因性アポトーシスシグナル伝達経路は多様な非受容体媒介性刺激にかかわる。それは細胞内の標的に直接作用する細胞内シグナルを生成し、ミトコンドリアによって開始された事象である。

内因性アポトーシスシグナル伝達経路を開始させる刺激は、正または負のいずれかの様式で作用し得る細胞内シグナルを生じる。負のシグナルは特定の成長因子、ホルモンおよびサイトカインの欠如にかかわる。これらの要素は細胞死プログラムの抑制の失敗を引き起こし、それによってアポトーシスを引き起こす可能性がある。

言い換えれば、要素の撤回、アポトーシス抑制の喪失、およびその後のアポトーシスの活性化がある。積極的に作用する他の刺激としては、放射線、毒素、低酸素、高熱、ウイルス感染、およびフリーラジカルが挙げられるが、これらに限定されない。

細胞シグナル伝達