細胞外タンパク質免疫沈降/IP抗体

免疫沈降は、沈降可能なマトリックスに付着した特異的抗体に結合することによって抗原を単離する技術である。また、ゲル濾過や密度勾配沈降などの他の技術によって分離されたタンパク質分画を分析するためにも使用される。免疫沈降のための抗原の供給源は、非標識細胞または組織、代謝的または内在的に標識された細胞、またはインビトロ翻訳タンパク質であり得る。このユニットでは、種々の手段によって溶解された懸濁細胞または接着細胞を用いた広範囲の免疫沈降技術が記載された。通常、プラズマ導入された細胞または天然細胞は、免疫沈降のための理想的な試料である。

血漿タンパク質と呼ばれる細胞外タンパク質は、膠質浸透圧を生じる能力のために、張性および体液の動きを決定する際に特に重要である。細胞膜は水に対して容易に透過性であるが、すべての溶質が細胞壁を横切って容易に拡散するわけではない。しかしながら、体内のバランスを達成するために、水は溶質濃度が低い領域から溶質濃度が高い領域まで細胞内または外に流れる。

その多様性および組成のために、細胞外タンパク質は、支持体の提供、組織の互いの分離、および細胞間連絡の調節などの多くの機能を果たすことができる。細胞外マトリックスは、細胞の動的挙動を調節する。さらに、広範囲の細胞増殖因子を隔離し、それらのためのローカル貯蔵所として働く。生理学的状態の変化は、プロテアーゼ活性を引き起こすことができ、そのような貯蔵所の局所放出を引き起こす。これは、新規合成を伴わずに細胞機能の迅速かつ局所的な成長因子媒介活性化を可能にする。

成長、創傷治癒および線維症のようなプロセスには、細胞外マトリックスの形成が必須である。細胞外タンパク質構造および組成の理解はまた、癌生物学における腫瘍浸潤および転移の複雑な動態を理解するのにも役立つ。その原因というと、転移はしばしば、セリンプロテアーゼ、トレオニンプロテアーゼ、およびマトリックスメタロプロテアーゼなどの酵素による細胞外マトリックスの破壊を伴うからである。

細胞外タンパク質の剛性および弾力性は、細胞移動、遺伝子発現、および分化において重要な意味を有する。細胞は、細胞外タンパク質の剛性を積極的に感知し、"durotaxis"と呼ばれる現象において、より硬い表面に優先的に移動する。また、弾力性を検出し、それに応じて遺伝子発現を調節する。それが分化および癌の進行に及ぼす影響のため、ますます研究対象になっている。