上皮成長因子(EGF) シグナル伝達

上皮成長因子(EGF)シグナル

上皮成長因子(EGF)シグナルは、増殖、分化、細胞運動性、および生存などのさまざまな生物学的反応を制御する。EGFRは、 ErbB1 HER1としても知られており、受容体型チロシンキナーゼ(RTK)のErbBファミリーの一員である。上皮成長因子受容体はまた、ErbB2 (Neu, HER2)、 ErbB3(HER3)および ErbB4 を含む。

これらの膜貫通タンパク質は、上皮成長因子(EGF)、トランスフォーミング成長因子-α(TGF-α)、エピジェン、アンフィレギュリン、ベータセルリン、ヘパリン結合性EGFおよびエピレギュリンなどのリガンドとの結合後に活性化され、細胞から核まで細胞を通るいくつかの連結された要素を有する反応経路を引き起こす。

上皮成長因子(EGF)シグナル伝達

EGFRとリガンドとの間の結合は一連の下流の細胞内シグナル伝達を誘発する。遺伝子転写、G1期からS期への細胞周期進行、および細胞増殖を制御するRAS-RAF-MEK-MAPK経路、および一連の抗アポトーシス性と生存促進性シグナルを活性化するPI3K-Akt経路はよく知られている2つの主な細胞内シグナル伝達経路である。

Epidermal Growth Factor (EGF) Signaling Transduction

活性化EGFR / ErbBは、EGFR機能を伝達し調節する様々な細胞質タンパク質を補充する。アダプタータンパク質の1つである GRB2は、ホスホチロシン残基に結合し、そしてSOSを膜に補充する。SOSはGDP / GTP交換を活性化し、従って膜に RAFを補充する。RAFはMEKをリン酸化し、次にMEKが細胞外シグナル制御キナーゼ (ERK) を活性化する。ERKは、多数の転写調節因子を活性化して細胞の成長および増殖を誘導する。

GRB2または他のアダプタータンパク質は、EGFRシグナル伝達のもう1つの主要なメディエーターである PI3K を補充する。PI3Kはホスファチジルイノシトール4,5-ビスリン酸(PIP2)をホスファチジルイノシトール-3,4,5-三リン酸(PIP3)に変換する。PIP3は PDK1を補充し、次にPDK1がAKT をリン酸化し、そして次にタンパク質合成またはアポトーシスを仲介するさまざまなタンパク質の活性を調節する(図1)。

分子による上皮成長因子(EGF)シグナル伝達に関連するリガンド

上皮成長因子(EGF)シグナル伝達に関連する参考文献

1. Adrian Riesco, Beatriz Santos-Buitrago. Epidermal Growth Factor Signaling towards Proliferation: Modeling and Logic Inference Using Forward and Backward Search. BioMed Research International. 2017; 1–9.
2. Nicola Normanno, Antonella De Luca, etc. Epidermal growth factor receptor (EGFR) signaling in cancer. Gene. 2006; 366: 2–16.
3. Kanae Oda, Yukiko Matsuoka, etc. A comprehensive pathway map of epidermal growth factor receptor signaling. Molecular Systems Biology. 2005; 1-17.