ELISAキットのコツ

ELISA法は、病理学的抗原を定量する基準であり、実際にはこの方法に多くのバリエーションがある。結果が迅速で一致であり、分析が比較的容易であるため、ハイスループットスクリーニングに適応する。高度に精製された、事前マッチしたキャプチャー抗体および検出抗体を利用して、サンドイッチ形式で最良の結果が得られる。得られた信号により、非常に感度が高く、非常に特異的なデータが提供される。

この節では、ELISAキットを適切に使用するためのいくつかの技術的こつをご紹介します。

1.使用前に、すべての試薬とサンプルを室温に戻す。
2. 分析前にサンプルを完全に解凍し、よく混合する必要がある。凍結サンプルの繰り返し凍結融解を避けてください。
3.各グループの測定サンプルに対してそれぞれ標準曲線を作成する必要がある。他のプレートや他の日の標準曲線を使用しないでください。
4. 交叉汚染を避けるために、各移転の際に、新しい使い捨て試薬リザーバーと新しい使い捨てピペットチップを使用してください。
5.停止液を添加してから20分以内に各ウェルの吸光度を読み取る。