ELISAキット用語ー線形範囲

ELISA法は、病理学的抗原を定量する基準であり、実際にはこの方法に多くのバリエーションがある。結果が迅速で一致であり、分析が比較的容易であるため、ハイスループットスクリーニングに適応する。高度に精製された、事前マッチしたキャプチャー抗体および検出抗体を利用して、サンドイッチ形式で最良の結果が得られる。得られた信号により、非常に感度が高く、非常に特異的なデータが提供される。

線形範囲:

線形範囲は、サンプル値の定量的計算に使用されます。既知の濃度である標準物質の一連の吸光度を測定することにより、曲線を得ることができ、次に実際の試験サンプル値を計算することができます。線形範囲はELISAキットの使用に不可欠です。