ELISAキットの保存

ELISA法は、病理学的抗原を定量する基準であり、実際にはこの方法に多くのバリエーションがある。結果が迅速で一致であり、分析が比較的容易であるため、ハイスループットスクリーニングに適応する。高度に精製された、事前マッチしたキャプチャー抗体および検出抗体を利用して、サンドイッチ形式で最良の結果が得られる。得られた信号により、非常に感度が高く、非常に特異的なデータが提供される。

この節では当社のELISAキットの適切な保存方法をお勧めします。

未開封キット 2―8℃で保存した場合、キットは受け取る日から6ヶ月間安定です。
開封試薬または再構成した試薬 希釈された洗浄緩衝液 2 - 8℃で保存した場合、1週間保存できます。
希釈された希釈緩衝液
コンジュゲート 2 - 8℃で保存した場合、1ヶ月間保存できます。再構成したスタンダードはアリコートする必要があり、繰り返し凍結・融解しないようにしましょう。
停止液
混合されていない発色試薬A
混合されていない発色試薬B
スタンダード 再構成した後、-80℃で保存した場合、1ヶ月間保存できます。
マイクロプレートウェル 使用していないストリップを乾燥剤パックが入っているフォイルパウチに戻し、ジップシールの全端に沿って再シールします。2 - 8℃で保存した場合、1ヶ月間保存できます。