ELISAキットの原理

ELISA法は、病理学的抗原を定量する基準であり、実際にはこの方法に多くのバリエーションがある。結果が迅速で一致であり、分析が比較的容易であるため、ハイスループットスクリーニングに適応する。高度に精製された、事前マッチしたキャプチャー抗体および検出抗体を利用して、サンドイッチ形式で最良の結果が得られる。得られた信号により、非常に感度が高く、非常に特異的なデータが提供される。

Sinobiological Inc.のELISAキットの原理は、固相サンドイッチ酵素イムノアッセイ技術に基づく。捕捉抗体をウェルプレートストリップ上にプレコートする。スタンダードおよびサンプルをウェルに加え、サンプル中に存在する標的タンパク質は固定化された抗体に結合される。インキュベーション後、ウェルを洗浄し、西洋ワサビペルオキシダーゼコンジュゲート抗標的タンパク質抗体を添加し、抗体 - 抗原 - 抗体「サンドイッチ複合体」を産生する。洗浄により、結合していない抗体を除去する。その後、TMB基質溶液を添加し、結合した標的タンパク質の量に比例して発色させる。停止液の添加により反応を停止させ、色の強度を450nmで測定することができる(下記の図を参照)。