ELISAキットの紹介

ELISAキット(酵素結合免疫吸着法)は、酵素イムノアッセイ技術において最も広く使用されている技術です。酵素結合免疫吸着検定法(ELISA)は酵素免疫測定法(EIA)としても知られ、主に免疫学においてサンプルにある抗体または抗原の存在を検出するために使用される生化学的技術です。ELISAは医学および植物病理学における診断ツールとして使われます。また、食品産業におけるELISA適用など様々な産業における品質管理チェックにも使われます。

ELISAキットは、固相支持体への捕捉抗体の付着を含む。次いで、既知または未知の抗原を含む試料を基質または緩衝液中に加える。これにより、固相への付着を最小限にすることができる。続いて、検出のための酵素標識抗体を添加する。

ELISA法は、病理学的抗原を定量する基準であり、実際にはこの方法に多くのバリエーションがある。結果が迅速で一致であり、分析が比較的容易であるため、ハイスループットスクリーニングに適応する。高度に精製された、事前マッチしたキャプチャー抗体および検出抗体を利用して、サンドイッチ形式で最良の結果が得られる。得られた信号により、非常に感度が高く、非常に特異的なデータが提供される。