ELISAキットの特徴 - 包括的な品質保証

Sinobiological Inc.のELISAキットは完全で、すぐに使用できます。イムノアッセイは、ウイルス、サイトカイン、インターロイキン、ケモカイン、成長因子、CD分子などを含む分子を測定するために利用できます。ELISAキットの特徴は使いやすく、高感度、高再現性です。

>ELISAの高感度は、報告群としての酵素に由来する。全般に知られているように、酵素は有機触媒であり、その少量は触媒反応の大きなスパンを誘発して観察可能な発色反応現象を生じさせる可能性がある。従って、この系はよく酵素の増幅系とみなされる。ELISAによって、抗原または抗体のトレーサーが細胞または亜細胞レベルで達成され、また、抗原または抗体定量がマイクログラムまたはナノグラムレベルでさえ行われ得る。

ELISAの特異性は、抗体または抗原の選択性に由来する。実際、抗原または抗体の結合は、抗原のエピトープまたは抗体の抗原結合部位においてのみ起こる。エピトープと抗原結合部位との間には、化学構造と空間配置の両方に相補的な関係があるため、抗原と抗体との反応は強い特異性を示す。

線形範囲を通して、実際のテストサンプル値を計算することができます。
検出限界は、感度の試験指数であり、検出限界が低いほど、感度がより高い。
測定精度は、再現性の試験指標であり、精度が高いほど、再現性が優れています。
線形性は、実験の正確度と特異性の試験指標です。
添加回収試験は、実験の正確度および特異性の試験指標です。
安定性が良いほど有効期限が長くなります。
干渉試験は、キットが検出に特異的であるかどうかを確認することができます。
交差反応は、キットが検出に特異的であるかどうかを確認することもできます。
天然サンプルを検出することができます。サンプル値はユーザーの参照として使用できます。