ELISA キット + ELISA ペア

人気製品

ELISAの背景知識

酵素結合免疫吸着検定法(ELISA)は酵素免疫測定法(EIA)としても知られ、主に免疫学においてサンプルにある抗体または抗原の存在を検出するために使用される生化学的技術です。ELISAは医学および植物病理学における診断ツールとして使われます。また、食品産業におけるELISA適用など様々な産業における品質管理チェックにも使われます。簡単に言えば、ELISAにおいて、未知の量の抗原を表面に添付し、次いで、抗原に結合することができるように特異的抗体を表面上に付けます。抗体はある酵素に連結します。最後のステップで、ある物質を加えます。酵素はその物質を検出可能なシグナルに変換します。それは最も一般的には化学基質における色の変化です。ELISAを行うことは、特定の抗原に対して特異性を有する少なくとも1つの抗体に関与します。未知量の抗原を有する試料は、非特異的(表面への吸着による)または特異的に(「サンドイッチ」ELISAにおいて、同じ抗原に特異的な別の抗体による捕捉を介して)固体支持体(通常はポリスチレンマイクロタイタープレート、詳細はELISA装置の節をご参照ください)上に固定化されます。抗原が固定化された後、検出抗体を加え、抗原と複合体を形成します。検出抗体は、酵素に共有結合させることができ、またはそれ自体が、生体抱合を介して酵素に連結された二次抗体によって検出することができます。ELISAの抗体インキュベーションの一部はウェスタンブロットのものと同様です。通常、各ステップの間で、プレートを弱い界面活性剤溶液で洗浄し、特異的に結合していないタンパク質または抗体を除去します。最後の洗浄ステップの後、酵素基質を加えて可視シグナルを生成することによりプレートを発色させ、サンプル中の抗原の量が示されます。

抗体
ELISA抗体
- ELISA抗体の特徴
- ELISA製品センター
- ELISA技術センター
ELISA KIT + ELISAペアセット
- ELISA KIT
- ELISAペアセット
ELISA抗体 免疫沈降/ IP抗体 免疫組織化学/ IHC抗体
フローサイトメトリー(FCM)/ FACS抗体 ウエスタンブロッティング/ WB抗体 免疫蛍光/ IF / ICC抗体
タグ抗体 二次抗体 コントロール抗体
ローディングコントロール抗体 マウスMab ウサギMab
ウサギPab バイオマーカー抗体 CD 分子抗体
幹細胞研究抗体 受容体抗体 インターロイキン抗体
サイトカイン抗体 生物学的標的抗体 診断用抗体
がん抗体