ELISAデバイス

固相ELISAプレート

  ELISAで使用されるほとんどのプレートは、化学修飾または表面の照射によって得られたポリスチレンまたはポリスチレンの誘導体である。最も一般的な構成は、8行12列に編成された96ウェルである。各ウェルは約350μlの容積を保持し、約2.5 cm²の内部面積を有する。最近では、従来の96ウェルプレートと同じ全体的な寸法を有する384ウェルおよび1536ウェルプレートが開発されている。これらはハイスループットスクリーニングに使用される。さらに、伝統的なウェルの2分の1の容積を有する96ウェルプレートがも利用可能である。半分の容積を有するウェルで実施されるアッセイは、従来のサイズのウェルと比べ、性能は同じであるが、試薬をかなり節約できる。最近のもう一つの革新は、底がウェルの側面と出会う領域が90度の角度ではなく丸いようにウェルを構成することであった。これは、ウェルのより良い洗浄をもたらすと報告されている。より多くの吸着表面積を増加させるために、ウェルの内部にフィンを追加することも代替の方法であった。報告書によれば、これらの「スターウェル」を用いて特定の条件下で吸着されたIgGが10%〜20%増加した。コーティングされていないプレートに加えて、タンパク質の共有結合に使用することができるマレイミド、ヒドラジンまたはN-オキシスクシンイミド基などのアミンまたは反応基を表面上に残すなど、様々な修飾がある。

手動的ウォッシャーシステム


 

• マルチチャンネルピペットおよびシングルチャンネルピペット
• シングルチャネル、固定ボリュームおよび調整可能なボリューム(1〜20μL、10〜100μL、20〜200μLなど)
• マルチチャネル、8チャネルと12チャネル
• 半自動ディスペンスユニット
• 複数のプレートを処理できる完全自動システム

自動的ウォッシャーシステム


  • 一回にあたり1つの行または列を洗浄する手動システム
• 一回にあたり1つのストリップまたはプレートを処理する半自動システム
• 複数のプレートを処理できる完全自動システム

ELISAプレートリーダー


 

• 一回にあたり一つの行または一つのウェルを読み取る手動リーダー
• 一回にあたり1つのプレートを読み取る半自動リーダー
• 複数のプレートを同時に処理できる完全自動システム