ELISA抗体-受容体

背景知識

酵素結合免疫吸着検定法(ELISA)は酵素免疫測定法(EIA)としても知られ、主に免疫学においてサンプルにある抗体または抗原の存在を検出するために使用される生化学的技術です。ELISAは医学および植物病理学における診断ツールとして使われます。また、食品産業におけるELISA適用など様々な産業における品質管理チェックにも使われます。簡単に言えば、ELISAにおいて、未知の量の抗原を表面に添付し、次いで、抗原に結合することができるように特異的抗体を表面上に付けます。抗体はある酵素に連結します。最後のステップで、ある物質を加えます。酵素はその物質を検出可能なシグナルに変換します。それは最も一般的には化学基質における色の変化です。

受容体タンパク質は、細胞表面膜、核膜または他の細胞小器官膜内に位置し、対応するリガンドに結合して、細胞シグナル伝達経路を開始することができる。受容体チロシンキナーゼ、インターロイキン受容体および成長因子の受容体のような細胞表面受容体は通常細胞外ドメイン、膜貫通ドメインおよび細胞内ドメインという3つのドメインに分けられる。