ELISA抗体-カニクイザル標的

カニクイザル CD200R / OX2-R 抗体 カニクイザル CD200RLa 抗体
カニクイザル p53 / TP53 抗体 カニクイザル SFTPD / SP-D / SFTP4 抗体
カニクイザル Thrombopoietin / THPO / TPO 抗体 カニクイザル CD155 / PVR 抗体
カニクイザル IFN gamma 抗体 カニクイザル IL-1 beta 抗体
カニクイザル IL18 / Interleukin-18 抗体 カニクイザル CD16 / FCGR3 抗体
カニクイザル CD32b / Fc gamma RIIB 抗体 カニクイザル IGFBP4 抗体
カニクイザル CCN3 / NOV (IGFBP9) 抗体 カニクイザル IGFBP3 抗体
カニクイザル CD153 / CD30L / TNFSF8 抗体 カニクイザル CD40 / TNFRSF5 抗体
カニクイザル TRAIL R4 / CD264 / TNFRSF10D 抗体 カニクイザル IFNA13 抗体
カニクイザル IL18RAP 抗体 カニクイザル CCL21 / 6Ckine 抗体
カニクイザル B2M / beta-2 microglobulin 抗体 カニクイザル OLR1 / LOX1 抗体
カニクイザル REG1B 抗体 カニクイザル E-Selectin / CD62e / SELE 抗体
カニクイザル SELP / P Selectin 抗体 カニクイザル CD14 抗体
カニクイザル CD73 / NT5E 抗体 カニクイザル IL6 / IL-6 抗体
カニクイザル CD83 抗体 カニクイザル Semaphorin 4D / SEMA4D / CD100 抗体
カニクイザル CTLA-4 / CD152 抗体 カニクイザル CD166 / ALCAM 抗体
カニクイザル Epcr / PROCR 抗体 カニクイザル Transferrin Receptor / TFRC / CD71 抗体
カニクイザル CD25 / IL2RA 抗体 カニクイザル IL-1R1 / CD121a 抗体
カニクイザル EpCAM / TROP-1 / TACSTD1 抗体 カニクイザル CD33 / Siglec-3 抗体
カニクイザル TNF-alpha / TNFA 抗体  

背景知識

酵素結合免疫吸着検定法(ELISA)は酵素免疫測定法(EIA)としても知られ、主に免疫学においてサンプルにある抗体または抗原の存在を検出するために使用される生化学的技術です。ELISAは医学および植物病理学における診断ツールとして使われます。また、食品産業におけるELISA適用など様々な産業における品質管理チェックにも使われます。簡単に言えば、ELISAにおいて、未知の量の抗原を表面に添付し、次いで、抗原に結合することができるように特異的抗体を表面上に付けます。抗体はある酵素に連結します。最後のステップで、ある物質を加えます。酵素はその物質を検出可能なシグナルに変換します。それは最も一般的には化学基質における色の変化です。

カニクイザルを標的とした抗体は様々な研究分野において大きな役割を果たしています。カニクイザル動物モデルは多くの疾患研究において非常に重要です。カニクイザルタンパク質を標的とした抗体は必要な研究ツールおよび方法になっています。