卵巣癌のための薬物標的

卵巣癌治療薬として承認された薬物の薬物標的:VEGF

薬物標的 抗がん剤 会社
VEGF-A Bevacizumab Roche

VEGFも病的血管生成において重要な役割を果たしています。Shenらは、免疫組織化学によって評価されたVEGF発現が卵巣上皮がん患者の全生存期間の独立した予後指標であることを示しました。RaspolliniらはShenらと同様な結果を提出しました。最近、Duncanらは339の原発性卵巣腫瘍の組織マイクロアレイを使用することによって、 免疫組織化学的にVEGF発現を評価し、VEGFと臨床病理学的変数との間に相関関係はないが、VEGFは多変量解析における予後の独立した予後因子であることを指摘しました。卵巣上皮がんの場合にリアルタイム定量的逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を実施することによって、腫瘍がVEGF発現の存在下で侵襲性腫瘍表現型を獲得する可能性があることを実証しました。これらの結果から、卵巣上皮がんを含む悪性腫瘍に対する抗VEGF療法の可能性を検討するようになりました。

卵巣癌治療薬として承認された薬物の薬物標的:PARP-1

薬物標的 抗がん剤 会社
PARP-1 olaparib KuDOS Pharmaceuticals and AstraZeneca
PARP-1 Rucaparib Clovis Oncology

最初の観察から見ると、PARP-1 阻害剤がBRCA1- 欠損細胞またはBRCA2- 欠損細胞およびヒト腫瘍に対して細胞傷害作用を有します。これは、PARP-1 阻害によるSSBの修復の欠如およびBRCA突然変異によるHR機能不全によるDSBの修復の欠如によって引き起こされました。BRCA突然変異キャリアにおけるPARP-1阻害剤olaparib(AZD2281)を用いた最初の概念実証研究では、卵巣癌患者の28%が客観的反応(RECIST規準)を達成し、期間中央値が7.0ヵ月でした。この研究の重要な発見は、推奨/最大耐用量をはるかに下回る投与量でプラチナ抵抗性患者における客観的な抗腫瘍活性を観察することでした。

卵巣癌のための薬物標的関連情報