癌のための薬物標的

癌のための薬物標的:紹介

最初の分子標的治療薬が1997年に承認されて以来、分子標的治療は癌治療の中心となってきました。 効果的な方法と科学的なツールを用いた薬物標的の発見は極めて重要になっています。下記の内容は癌治療のための薬物標的の集まり、および異なる種類の癌に関する詳細情報です。

弊社は薬物標的用タンパク質、抗体、遺伝子、およびELISAキットを提供しており、あなたのがん研究をサポートします。

様々な癌のための薬物標的

肺がんのための薬物標的
肺がんは、がんによる死亡率が最も高い疾患で、広く研究されています。 EGFR、ALK、VEGF / VEGFR、PDGF / PDGFR、PD1 / PD-L1、ROS1、HER2は、近年の肺がん研究の主な標的分子です。これらを標的としたモノクローナル抗体および小分子阻害剤が承認されており、肺癌治療において有意な有効性を示しています。 もっと見ます

乳がんのための薬物標的
HER2は、承認された2つのモノクローナル抗体薬と1つの低分子阻害剤の薬物標的分子であり、乳がん治療において最も広く研究されています。 細胞周期に影響を及ぼすCDK4/CDK6、細胞アポトーシスにおいて機能するmTOR、および血管形成に影響を及ぼすVEGF-Aは乳がん治療における重要な薬物標的です。  もっと見ます

卵巣癌のための薬物標的
ベバシズマブは卵巣癌に有用なVEGF-Aを標的としたモノクローナル抗体薬として承認されています。PARP-1を標的とした2つの阻害剤も承認済で、卵巣癌の治療においてDNA複製過程に影響を及ぼすことができます。  もっと見ます

大腸がんのための薬物標的
EGFRを標的とした2つのモノクローナル抗体薬が大腸がん治療薬として承認されました。これらの薬は細胞増殖に影響を与えることで機能することができます。 血管新生関連薬物標的分子の研究も大腸がん治療における重要な戦略で、2つの抗体薬と1つの低分子阻害剤が承認されました。 もっと見ます

膀胱がんのための薬物標的
免疫療法は膀胱がん治療において重要な役割を果たしています。 PD-1 / PD-L1経路を標的としたモノクローナル抗体は膀胱癌の予後において良好に機能し、そしてFDAによって承認されました。  もっと見ます

腎臓癌のための薬物標的
raf シグナル伝達、血管新生、mTOR経路、およびPD-1シグナル伝達の研究は腎臓癌治療における重要な戦略です。 もっと見ます

白血病のための薬物標的
腫瘍性タンパク質BCR-ABL、膜タンパク質CD52およびCD20、B細胞シグナル伝達に影響を及ぼすBTK、PI3K/Aktシグナル伝達における重要なPI3Kδ、およびアポトーシスを機能させるBCL-2は白血病の分子標的治療における極めて重要な薬物標的です。  もっと見ます

肝臓癌のための薬物標的
肝癌治療における研究の進歩は遅いです。分子標的治療のほとんどは、PDGFR関連血管新生に焦点を当てています。 肝癌治療の発展を促進する重要な薬物標的が見つかることを願っています。  もっと見ます

リンパ腫がんのための薬物標的
ユビキチンプロテアソーム系、エピジェネティック関連タンパク質、リンパ球膜タンパク質、細胞増殖シグナル伝達、およびB細胞受容体シグナル伝達はすべてリンパ腫の治療における重要な標的です。 もっと見ます

膵臓がんのための薬物標的
細胞増殖および血管新生に関連する薬物標的は膵臓癌の治療において重要です。  もっと見ます

前立腺癌のための薬物標的
アンドロゲン受容体は前立腺がんの治療における主な標的です。  もっと見ます

皮膚がんのための薬物標的
ヘッジホッグシグナル伝達経路は皮膚癌の分子標的治療において重要な役割を果たしており、この進歩における重要なタンパク質であるSMOは皮膚癌に対する薬物標的です。RAF/MEK/ERKシグナル伝達も承認された薬物の重要な標的です。 免疫チェックポイントPD-1およびCTLA-4は、皮膚癌における人気な標的です。  もっと見ます

甲状腺がんのための薬物標的
血管新生および細胞増殖に関する分子を標的としたマルチターゲット小分子阻害剤が甲状腺癌治療薬として承認されました。  もっと見ます

癌のための薬物標的関連情報

薬物標的とがん

標的療法は癌を治療する効果的な方法で、化学療法よりも多くの利点を示します。 薬物標的の適切な選択は癌治療が成功する鍵です。 標的の共通点は細胞成長、生存ならびに増殖に影響を及ぼし、そしてEGFR、HER2、ALK、mTOR、RAFなどの細胞シグナル伝達経路に関連することです。VEGF / VEGFR、PDGFR、MEKなどのいくつかの薬物標的は病的血管新生に密接に関与しています。 最近、免疫チェックポイント、特にPD-1、PD-L1およびCTLA4は癌治療における注目の標的となっています。これらを標的としたモノクローナル抗体薬物は、多発癌の治療において大きな有効性とポテンシャルがあります。