乳がんのための薬物標的

乳がんのための薬物標的

乳がんのための薬物標的:薬理学情報

乳がんのための薬物標的:バイオ試薬

乳がん治療薬として承認された薬物の薬物標的:HER2

薬物標的 抗がん剤 会社
HER2 Trastuzumab Roche
HER2 Pertuzumab Roche
HER2 Lapatinib GSK

トランスフェクション研究およびトランスジェニックマウスからのデータは、乳がんの病因におけるHER2の役割を示唆しており、これは予後研究と一致しています。原発腫瘍の免疫染色は、腫瘍が陽性である場合、それは通常、前浸潤性成分および転移性成分を含む全ての腫瘍細胞の非常に均質な染色を示すことを明らかにしました。実は、多くの研究グループが浸潤性乳管癌と比較して非浸潤性乳管癌におけるHER2過剰発現の発生率がもっと高いことを報告しています。Hudziakは、HER2過剰発現によって形質転換されたNIH-3T3細胞のコロニー形成が抗HER2抗体によって阻害され得ることを示しました。Drebinは、変異したラットneuタンパク質に対して産生された抗neuモノクローナル抗体がNIHの成長を阻害することを報告しました。HER2タンパク質の細胞外ドメイン(ECD)は細胞外リガンドに結合し、そしてその細胞内ドメインのチロシンキナーゼ活性を介して細胞にシグナルを伝達します。分裂促進シグナルを運ぶ経路を構成する分子を発見するために、EGFおよび他の増殖因子受容体を研究している多くの研究室は実質的な努力をしました。増殖因子受容体のシグナル伝達経路の潜在的メンバーには、ホスホリパーゼC、癌遺伝子由来タンパク質raf-1、GAP、およびカルパクチン様分子が含まれます。

乳がん治療薬として承認された薬物の薬物標的:CDK4/CDK6

薬物標的 抗がん剤 会社
CDK4 Palbociclib Pfizer
CDK6 Palbociclib Pfizer

ヒト乳がんのマウスモデルによって確認できることは、サイクリンD1-CDK4-6軸の活性化が腫瘍形成表現型に寄与し、HER2陽性乳がんの腫瘍形成の開始と維持にとって重要で、CDK2またはCDK4 / 6ノックアウトはどちらも生存率や通常の乳腺発達に悪影響を及ぼしないということです。CDK4 / 6-サイクリンD1活性は、乳がんにおいて複数のメカニズムによって調節解除されており、しかもそのような調節解除は一般的です。浸潤性乳癌を持つ患者482人を対象とした最近のがんゲノムデータセットに基づく研究では、27.4%の患者さんは軸の単一の遺伝子変化または複数の遺伝子改変の組み合わせの形でサイクリンD1/ CDK4/6/p16Ink4a軸の遺伝的規制緩和を受けていました。サイクリンD1の過剰発現は乳癌細胞株の約半分で起こります。 しかしながら、サイクリンD1遺伝子CCND1は乳癌のわずか20%で増幅します。遺伝子増幅とタンパク質過剰発現との間の不一致は、サイクリンD1代謝回転経路における突然変異に部分的に起因する可能性があります。

乳がん治療薬として承認された薬物の薬物標的:mTOR

薬物標的 抗がん剤 会社
mTOR Everolimus Novartis

PI3K (phosphoinositide-3-kinase) / Akt (プロテインキナーゼB)/ mTOR (mechanistic target of rapamycin)経路は栄養素利用能および成長因子チロシンキナーゼに応答します。それは、タンパク質合成、血管新生および腫瘍増殖の刺激、そしてアポトーシスの阻害において重要な役割を果たします。この経路は調節サブユニット(p85)および触媒サブユニット(p110)という2つのサブユニットを含むPI3Kユニットから始まります。それぞれが異なるアイソフォームを持ち、対応する遺伝子によってコードされています。調節サブユニットはPIK3R1、PIK3R2、PIK3R3によってコードされます。p110α、p110βおよびp110δサブユニットはPIK3CA、PIK3CBおよびPIK3CDによってコードされています。PI3KはAktのリン酸化をもたらします。Aktはセリン/トレオニンキナーゼの一種で、結節性硬化症複合体タンパク質1/2 (TSC1/2)を阻害することによってラパマイシン(mTOR)の機構的(または哺乳類)標的を活性化します。mTORは複合体mTORC1(mTOR複合体1)およびmTORC2(mTOR複合体2)からなるセリン/トレオニンプロテインキナーゼです。mTORC1はラパマイシン類似体の主な標的ですが、最近のデータは、mTORC2も十分な投与量および曝露で阻害されることを示唆しています。mTOR阻害剤のエベロリムスはホルモン受容体陽性進行乳癌の治療薬として承認されており、現在他の乳がんサブタイプで評価されています。

乳がん治療薬として承認された薬物の薬物標的:VEGF-A

薬物標的 抗がん剤 会社
VEGF-A Bevacizumab Roche

最近の研究は、VEGFタンパク質がヒト乳癌において発現され、VEGF-B(内皮細胞で優先的に発現される)およびVEGF-C(リンパ管の発生に関連する)の両方もまた低レベルで発現されることを報告しました。非浸潤性乳管癌病変からの46個の乳房生検を評価する研究では、VEGF mRNA発現と血管新生の程度との間に有意な関連が発見されました。同じグループの研究者らは、強力なVEGFの腫瘍細胞発現を非浸潤性乳管癌の半分で、そして強力または中程度のVEGF発現を検査されたほとんどの浸潤性癌において発見しました。VEGF受容体の強力な腫瘍内内皮細胞発現も観察されました。それ故、VEGFは乳がんに対する新しい治療戦略として、予後または血管新生の抑制を標的とするための血管形成活性の重要なマーカーである可能性があります。

乳がんのための薬物標的関連情報