ウエスタンブロット用の診断抗体

ヒト EGFR / HER1 / ErbB1 抗体 ヒト MMP-2 抗体
Anti-Myc Tag Antibody (C-terminal Myc) ヒト Carbonic Anhydrase IX / CA9 抗体
ヒト HER2 / ErbB2 抗体 ヒト CD146 / MCAM 抗体
ヒト bFGF / FGF2 抗体 ヒト CD31 / PECAM1 抗体
ヒト VEGF 183 / VEGF-A 抗体 ヒト CD147 / EMMPRIN / Basigin 抗体
ヒト Bcl-2 抗体 ヒト DC-SIGN / CD209 抗体
ヒト Cytokeratin 14 抗体 ヒト E-Cadherin / CDH1 / E-cad / CD324 抗体
ヒト Synaptophysin 抗体 ヒト Leptin / LEP 抗体
ヒト Olig-2 / Oligo2 抗体 ヒト LCN2 / NGAL 抗体
ヒト Chromogranin A 抗体 ヒト CD23 / FCER2 抗体
ヒト GSTπ (GlutathioneS-Transferase ヒト CCN3 / NOV / IGFBP9 抗体
ヒト NSE(Gamma-enolase) 抗体 ヒト Galectin-3 / LGALS3 抗体
ヒト Androgen receptor 抗体 ヒト SerpinA3 / AACT 抗体
ヒト p63 抗体 ヒト Fibronectin 抗体
ヒト KRT19 抗体 ヒト Granzyme B / GZMB 抗体
ヒト KRT20 抗体 ヒト HSP27 / HSPB1 抗体
ヒト KRT7 抗体 ヒト Osteopontin / SPP1 / ETA-1 抗体
ヒト KRT5 抗体 ヒト PD1 / PDCD1 / CD279 抗体
ヒト cd207 抗体 ヒト CD4 / LEU3 抗体
ヒト MYC 抗体 ヒト Cystatin C / CST3 抗体
ヒト PDGFRA / CD140a 抗体 ヒト AFP / alpha-fetoprotein 抗体
ヒト TGF-beta 1 / TGFB1 抗体 ヒト CD44 抗体
ヒト CD38 抗体 ヒト Cathepsin D / CTSD 抗体
ヒト CD3d / CD3 delta 抗体 ヒト VIL2 / villin-2 抗体
ヒト CD20 / MS4A1 抗体 ヒト GOLM1 / GP73 抗体
ヒト CCNA1 / Cyclin-A1 抗体 ヒト MKI67 抗体
ヒト CD5 抗体 マウス CD5 / LEU1 抗体
ヒト CD7 抗体 マウス E-Cadherin / CDH1 / E-cad / CD324 抗体
ヒト N-Cadherin / CD325 / CDH2 抗体 マウス UCHL1 抗体
ヒト PARP-1 / PARP 抗体 マウス HER2 / ErbB2 抗体
ヒト CD69 抗体 マウス CD146 / MCAM 抗体
ヒト Syndecan-1 / SDC1 / CD138 抗体 イヌ Carbonic Anhydrase IX / CA9 抗体
ヒト NME1 / NDKA 抗体 ラット UCHL1 抗体
ヒト HSP70 / HSPA1A 抗体 ラット CD83 抗体
ヒト UCHL1 / PGP9.5 抗体 ラット B2M / beta-2 microglobulin 抗体
ヒト B2M / beta-2 microglobulin 抗体 カニクイザル p53 / TP53 抗体
ヒト SNCA / alpha-Synuclein 抗体 カニクイザル SELP / P Selectin 抗体
1 2

診断用抗体 - フローサイトメトリー/ FACS

  • ヒト CD146 / MCAM 抗体
  • ヒト CD44 抗体
  • ヒト VEGFR1 / FLT-1 抗体
  • マウス FAS / CD95 / APO-1 / TNFRSF6 抗体
  • ヒト CD171 / N-CAML1 / L1CAM 抗体
  • マウス CD25 / IL2RA 抗体
  • ヒト CD31 / PECAM-1 抗体
  • マウス CD8a 抗体
  • ヒト HSP27 / HSPB1 抗体
  • マウス CD5 抗体
  • ヒト Osteopontin / SPP1 / ETA-1 抗体
  • マウス CD34 抗体
  • ヒト c-MET / HGFR 抗体
  • マウス CD23 / FCER2 抗体
  • ヒト CD3e / CD3 epsilon 抗体
  • フェレット CD8a / Lyt2 抗体
  • ヒト N-Cadherin / CD325 / CDH2 抗体
  • フェレット CD4 抗体
  • ヒト CD63 / Tspan-30 / Tetraspanin-30 抗体
  • ラットCD5 / Cluster of Differentiation 5 抗体

診断用抗体 - 免疫沈降/ IP

  • ヒト CD146 / MCAM 抗体
  • ヒト CD44 抗体
  • ヒト VEGFR1 / FLT-1 抗体
  • マウス FAS / CD95 / APO-1 / TNFRSF6 抗体
  • ヒト CD171 / N-CAML1 / L1CAM 抗体
  • マウス CD25 / IL2RA 抗体
  • ヒト CD31 / PECAM-1 抗体
  • マウス CD8a 抗体
  • ヒト HSP27 / HSPB1 抗体
  • マウス CD5 抗体
  • ヒト Osteopontin / SPP1 / ETA-1 抗体
  • マウス CD34 抗体
  • ヒト c-MET / HGFR 抗体
  • マウス CD23 / FCER2 抗体
  • ヒト CD3e / CD3 epsilon 抗体
  • フェレット CD8a / Lyt2 抗体
  • ヒト N-Cadherin / CD325 / CDH2 抗体
  • フェレット CD4 抗体
  • ヒト CD63 / Tspan-30 / Tetraspanin-30 抗体
  • ラットCD5 / Cluster of Differentiation 5 抗体

診断用抗体 - ラット標的

  • ラット KIM-1 / TIM1 / HACVR1 抗体
  • ラット UCHL1 抗体
  • ラット VEGF121 / VEGF-A 抗体
  • ラット Pepsinogen C / PGC 抗体
  • ラット CD86 / B7-2 抗体
  • ラット EGFR / HER1 / ErbB1 抗体
  • ラット Cystatin C / CST3 抗体
  • ラット VEGFR2 / Flk-1 / CD309 / KDR 抗体
  • ラット FAS / CD95 / APO-1 / TNFRSF6 抗体
  • ラット CD68 抗体
  • ラット MMP-9 抗体
  • ラット CD83 抗体
  • ラット LCN2 / NGAL 抗体
  • ラット CD5 / Cluster of Differentiation 5 抗体
  • ラット PRLR / Prolactin receptor 抗体
  • ラット B2M / beta-2 microglobulin 抗体
  • ラット HER2 / ErbB2 抗体
  • ラット HGF / Hepatocyte Growth Factor 抗体
  • ラット WAP5 / WFDC2 / HE4 抗体

診断用抗体 - ELISA

  • ヒト HER2 / ErbB2 抗体
  • フェレット CD8a 抗体
  • ヒト VEGF121 / VEGF-A 抗体
  • フェレット CD4 抗体
  • ヒト bFGF / FGF2 抗体
  • フェレット CD20 / MS4A1 抗体
  • ヒト MMP-2 / CLG4A 抗体
  • イヌ KIM-1 / TIMD-1 / HAVCR1 抗体
  • ヒト CD171 / N-CAML1 抗体
  • イヌ HAVCR1 protein 抗体
  • ヒト E-cadherin / CDH1 / Cadherin-1 / E-Cad 抗体
  • イヌ HGFR / c-MET 抗体
  • マウス CST3 / Cystatin-C 抗体
  • ラット VEGF / VEGFA / VEGF165 抗体
  • マウス S100A1 抗体
  • ラット FAS / TNFRSF6 / CD95 抗体
  • マウス KIM-1 / TIM1 / HACVR1 抗体
  • カニクイザル p53 / TP53 抗体
  • マウス c-Kit / CD117 / KIT 抗体
  • カニクイザル IFN gamma 抗体

背景知識

診断は病気、病状、または感染を検出することができ、急速に主要な医療になっています。診断検査サンプルには、血液、体液および組織が含まれます。診断は、病気の診断、病気の治療および病気の監視において重要な役割を果たし、多くの病気の状況を判断する信頼できる方法と考えられます。
ウェスタンブロット試験は、細胞抽出物または組織ホモジネートなどの試料から特定のタンパク質を検出するために使用される技術であり、インビトロで合成された組換えタンパク質も分析します。ウェスタンブロットはまた、特定の抗原とそれに対する抗体との間の特別な親和性に基づいて標的タンパク質を同定するために使用されることができます。ウエスタンブロットは、一般的に3つの主要なステップを含み、最初にSDS-PAGE、次いでサンプルのブロット、最後に免疫学的試験です。ウェスタンブロットにより、標的タンパク質に関する定性および半定量的データを取得することができます。