競合ELISAの原理

競合ELISAの中心的事象は、元の抗原(試料抗原)および添加される抗原によって実行される競合的結合プロセスである。競合ELISAの手順は、間接ELISA、サンドイッチELISAおよび直接ELISAと比べ、いくつかの点で異なる。簡素化された手順リストは以下の通りである。
一次抗体(未標識)を試料抗原とともにインキュベートする。その後、抗体 - 抗原複合体を同じ抗原で予めコーティングされた96ウェルプレートに加える。プレートを洗浄し、非結合抗体除去する。(試料中の抗原が多ければ多いほど、より少ない抗体がウェル内の抗原に結合することができるため「競合」と名付けられる)一次抗体に特異的で、酵素と結合した二次抗体を添加する。基質を添加し、残りの酵素が発色または蛍光シグナルを誘発する。