競合ELISAの利点

競合ELISAの主な利点は、粗製または不純なサンプルを使用し、存在しうるすべての抗原と選択的に結合する能力である。

(いくつかの競合ELISAキットには、酵素結合抗体ではなく酵素結合抗原が含まれているということをご注意ください。)標識抗原は試料抗原(標識されていない)と一次抗体結合部位を競合する。試料中の抗原が多いほど、より少ない標識された抗原がウェル内に残られ、シグナルもより弱くなる)。一般的に、抗原は最初にウェルにポジショニングされたのではない。

高特異性

  • 二つの抗体が使用されるため、抗原/分析物は特異的に捕獲され、検出される

複雑な試料に適用

  • 柔軟性と感度を測定する前に抗原を精製する必要がない。

柔軟性と感度

  • 直接ELISA法も間接ELISA法も使用できる。