共刺激免疫チェックポイントターゲット

共刺激免疫チェックポイントターゲット: CD27

CD27は、腫瘍壊死因子受容体(TNF-R)ファミリーのリンパ球特異的メンバーであり、その発現はT細胞個体発生過程において厳密に調節されている。最近、CD27のリガンドが同定され、TNFファミリーの新規メンバーであるCD70と同一であることが示された。機能的実験は、CD27とそのリガンドとの間の相互作用がT細胞活性化のための共刺激シグナルを生成することを示している。

共刺激免疫チェックポイントターゲット: OX40L

1994年に、OX40LがEBV形質転換B細胞株上で同定され、活性化T細胞上で低レベルの発現を示す。OX40に対するこのリガンドはII型膜貫通タンパク質であり、そしてmRNAおよびタンパク質の両方がヒトT細胞白血病ウイルス1感染細胞において著しく誘導される。OX40Lは三量体形態で発現し、そして3つのOX40分子を高親和性および緩徐な解離で結合する。それがクローニングされた後、OX40Lは種々の標準的な刺激に応答してT細胞の増殖を増加させることが示された。

共刺激免疫チェックポイントターゲット: 関連記事