化学発光アッセイ

蛍光イムノアッセイは単に比色ELISAのバリエーションです。酵素は、基質を、特定の波長の光によって励起されたときに蛍光を発する反応生成物に変換する。検出される相対蛍光単位(光の放出光子)は、典型的には、測定される分析物の量に比例する。比色ELISAと比較して、蛍光イムノアッセイはわずかに敏感です。しかし、比色アッセイに課せられた2.0〜4.0 ODの限界とは対照的に、非常に高い測定値を正確に測定することによってアッセイのダイナミックレンジを広げます。
理論:蛍光は、フルオロフォア、蛍光色素、または蛍光色素と呼ばれる特定の分子(一般にポリ芳香族炭化水素または複素環)が光を吸収するときに生じるプロセスから生じます。これらの分子の集団による光の吸収は、そのエネルギーレベルを短い励起状態に上昇させます。この励起状態から崩壊する際は、蛍光を発します。蛍光の原因となるプロセスは、単純な電子状態図で示されています。


1励起  2振動緩和 3発光

特性: 高感度(光吸収法より1000倍以上敏感である)。使いやすい。効率的。安全。放射線なし。バックグラウンド蛍光干渉(マイクロプレート自己蛍光)および放出光への励起光の干渉を有する。