免疫細胞化学(ICC)とは何ですか?

免疫組織化学、免疫細胞化学および免疫蛍光を含む3つの概念があります。免疫組織化学のアッセイは、他の2つのアッセイから比較的容易に確認して区別できます。しかし、免疫細胞化学および免疫蛍光アッセイは何ですか?免疫細胞化学および免疫蛍光はどのように区別できますか。ジャーナルに発表する研究論文を書く際は、どの単語が適切な単語ですか。

概念の範囲から言うと、免疫蛍光の範囲がもっと広いです。免疫蛍光は、免疫組織化学および免疫細胞化学を含みます。言い換えれば、免疫組織化学と免疫細胞化学は免疫蛍光の一種です。

免疫組織化学は、自然組織切片におけるタンパク質の発現および発現位置を確認するためのアッセイです。免疫蛍光は、培養細胞株、組織切片、または個々の細胞上で使用することができます。免疫蛍光法を用いて、細胞または組織におけるタンパク質、グリカン、および小さな生物学的および非生物学的分子の分布を分析することができます。免疫細胞化学はインタクト細胞のサンプル上で行います。

免疫細胞化学(ICC)は抗体と標的分子の特異的組み合わせを介して細胞における標的ペプチドまたはタンパク質抗原の発現および位置を確認することができる一般的な実験アッセイです。次いで、これらの結合した抗体は、いくつかの異なる方法を用いて検出することができます。免疫細胞化学(ICC)により、研究者は特定のサンプル中の細胞が問題の抗原を発現するかどうかを評価することができます。免疫陽性シグナルが見出される場合、ICCによって、研究者はどの細胞内区画が抗原を発現しているかを調べることができます。

間接免疫細胞化学および直接免疫細胞化学技術を含む2つの異なる免疫細胞化学アッセイがあります。間接免疫細胞化学アッセイの場合、プロトコールは、主に、細胞の調製と培養、細胞の固定、血清ブロッキング、一次抗体インキュベーション、標識二次抗体インキュベーション、染色、結果判定およびイメージングを含みます。直接免疫細胞化学アッセイの場合、二次抗体がなく、標識一次抗体のみがインキュベートされます。他の工程は間接免疫細胞化学アッセイと同じです。

免疫蛍光(IF)の原理

免疫細胞化学(ICC)のプロトコル?